« コンデジはスポーツ撮影は苦手? | トップページ | 笹子トンネル事故からの脱出 »

2012年12月 2日 (日)

N700系のぞみのインターネット接続サービスを使ってみた

 J1最終節のアウェーセレッソ大阪戦に参戦するのにN700系を使ったので、東海道新幹線区間でやっているN700系の「インターネット接続サービス」を試してみた。

 あちらに居て月に2~3回行き来している時は無線LANサービスを使っていなかったので、まるで縁がなかったのだが、スマホに変えてdocomoのwifiサービスが来年3月まで無料なので申し込んだ事もあり、使える環境が整ったからやってみようと。

 結論から言うと…使えなかった(笑)

 無線LANの電波は拾ってIPアドレスまでは貰えるのだが、そこから先にいけない。
 具体的にはdocomoのwifiサービスのログイン画面が完全に出てこない。
 枠とかまでは出るのだが、肝心のログオンボタンが出てこないので接続が出来ない。
 サービス始めた当初から、混み合ったら充分な速度でのサービス提供はできないと言われていたので、多分他にも利用者が居てデータ通信が出来てなかったのだと思うのだけど、この程度で使えないサービスならやらんでもいいのではないかと思う。

 と、言うのも諦めて3Gで繋いだら、これが中々切れずに通信が出来ていたので。
 以前DIMEで3Gの特集をした時に、docomoは「実際にのぞみに乗って切れない事を確認している」と言っていたので、言ってる事は嘘ではなかったと。
 EM・ONEの時はブチブチと切れまくってて、駅に停車中位しか通信できなかったのとは雲泥の差だった。

 新幹線内で無線LANサービスが使えるのはサービスとしてはいいものなのだけど、それもある程度使えての話し。
 スタバの無線LANサービス位使えろとは言わないけれど、まるで繋がらないのは話しが違う。
 ひょっとして、動画なんか見てた奴がいたのかもしれないけれど、低速でも繋がればOKだろと言うには、ネットのデータ転送量の上限は低い気がする。

 次は素直に3Gで繋ごうと思う。 
 

|

« コンデジはスポーツ撮影は苦手? | トップページ | 笹子トンネル事故からの脱出 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

スマートフォン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: N700系のぞみのインターネット接続サービスを使ってみた:

« コンデジはスポーツ撮影は苦手? | トップページ | 笹子トンネル事故からの脱出 »