« B787トラブル相次ぐ | トップページ | 雪の後は »

2013年1月18日 (金)

787運航停止命令

 このところ連日でJALとANAの787トラブル報道がされているが、ついに国交省から運行停止命令が出された。
 アメリカでも同様にアメリカンで運用している6機に飛行停止処置が取られているが、運用されている機数が日本の方が多かったと言うのは意外。

 飛行中に煙が上がって最寄りの高松空港に緊急着陸、誘導路に入った所でシューター展開させて緊急脱出なんてやれば、流石に新型機に良くある軽微なトラブルとは言い難い。
 機長にしてみれば、連日トラブル報告が上がってて注意してたら煙が上がったのだから、最悪を考えて緊急着陸させるのは当然の対応だろう。

 ただ、シューターを使わなければならないくらい切羽詰まった状況と判断したのは、どんな理由だったのかは今後の調査結果を見ないと判らない。
 あんな所でお店広げちゃったら、直ぐに片づけられる物ではないから、空港閉鎖するしかないので、高松空港としてはとんでもないとばっちりを喰らった訳で、離発着できなかった便の損害も考えなきゃならないだろうし。

 今回煙が出たのは機首部電池室に設置されたバッテリーが発火した為らしい。
 787は「電気飛行機」と言われるくらいに電気を喰う装備が多いので、両エンジン停止で発電機が止まった時用にバッテリーを搭載しているのだそうだ。
 ただ、バッテリーって結構枯れた技術なので、液漏れして火を噴くとなれば過充電が怪しいのだけど。
 フェールセーフの考え方で行けば充電・配電の経路は冗長化されているだろうけど、本来1系統で充電してたのが全系統で電気送ったりとかしたら、一発でバッテリーが吹っ飛ぶ気がする。

 単にバッテリーの改良だけで済むなら比較的早く運航停止は解けると思うが、電気系の対策となるとちょっと時間が掛かるかもしれない。

 開発計画は遅れに遅れた上にやっとデリバリーして飛び始めたら、今度は運航停止。
 一回おもちゃを載せただけで対象物をここまで追い込むとは、デスブログの破壊力は半端無い。

|

« B787トラブル相次ぐ | トップページ | 雪の後は »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 787運航停止命令:

« B787トラブル相次ぐ | トップページ | 雪の後は »