« JALのB787で火災発生? | トップページ | 787運航停止命令 »

2013年1月11日 (金)

B787トラブル相次ぐ

 ボストンでJALがバッテリー発火を起した事を記事にしたが、今度は同じくボストンで燃料漏れとか。
 胴体タンクと左翼タンクを繋ぐパイプのバルブが何故か?開いて、胴体の燃料が左翼タンクに送られ、溢れた分が燃料投棄バルブから放出されたらしい。
 150リッター程だそうだが、燃料サーチャージ代を払って乗っている客にしてみれば、高い燃料を無駄にしやがってと思うだろうな。

 JALばかり御難続きかと思ったら、ANAでもブレーキ制御系トラブルを山口行きの便で起していたそうだ。
 こちらはエラー表示だけだった様なので誤表示の可能性は高いけれど、離陸直後に表示って、機体が浮き上がって車輪格納する際に何かあったのだろうか?

 色々新機軸を盛り込んでいる新世代機なので、落ち着くまでは結構なマイナートラブルは出るだろうけれど、ボーイングの対応速度は大丈夫なのかが心配。
 機体の各部分は色々な企業が参画して開発・製造しており、ボーイングはマネージメント主体だと聞く。
 マルチベンダーなシステムって、使用者が原因を切り分けて該当する所に修正をやらせなければならないから、自分の所で内製化している場合より手間が掛かる。
 切り分けをミスれば訴訟沙汰にもなりかねないし。

 787の開発スケジュールが遅れまくった事を思えば、バグ潰しに時間が掛からないと考えるのは楽天的だろう。
 即墜落に繋がる様なメジャーなバグは開発中に取ってあると思うけれど。

|

« JALのB787で火災発生? | トップページ | 787運航停止命令 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83972/56513683

この記事へのトラックバック一覧です: B787トラブル相次ぐ:

« JALのB787で火災発生? | トップページ | 787運航停止命令 »