« リメイクのやり方 | トップページ | 東横線の行き先表示は »

2013年4月10日 (水)

PowerShotG7で桜を撮ってみた

すっかり散ってしまったけれど、満開の頃に近くの桜並木を散歩して撮影してみた。

来年も撮ったときに比較できるようにデータ保全(笑)

 

設定はProgramAEで、ホワイトバランスと露出補正のみ実施。
まだシャッター速度や露出を弄って撮るスキルが無いもので…。

IMG_2823

曇っていたのでホワイトバランスは曇り、露出補正は明るめで+0.3で撮影したらこうなった。

IMG_2824

ホワイトバランスをAUTOにして、露出補正も0にしたらこうなった。

桜のような明るい色合いの花を撮るとき、カメラは花の色に惑わされて暗めに露出調整するので、桜を撮るときは露出補正で明るい方向に設定すると淡いピンクがでやすくなるのだそうで。

IMG_2826
+0.3より大きくしても良い様だが、+0.7にしたら回りが明るくなり過ぎて桜があまり目立ってない気がする。

IMG_2830

空が明るくなってきたのでWBをAUTO、露出補正0で撮ったら桜とは思えない絵になってしまった…。
明るい空は露出補正はマイナスにした方が綺麗に色が出るのだけど、それでは桜が死んでしまうし。

IMG_2833

低いところの枝を撮影。 思い立ってマクロモードにしてみたら結構後ろがボケてくれたけれど、ちょっとピントが甘い。
風があって枝が揺れてたけれど、シャッター速度が1/30で切れたせいだろう。
露出補正は+0.7、WB=くもり

IMG_2834

同じ様に露出補正0、WB=AUTOだとこんなもの。桜っぽさが足りない。
シャッターは1/250で切れてるので、ピタリと枝は止まって写っている。

さて、来年までにもっと色々設定して撮れるようになっていたものだが、どうなる事やら?

|

« リメイクのやり方 | トップページ | 東横線の行き先表示は »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PowerShotG7で桜を撮ってみた:

« リメイクのやり方 | トップページ | 東横線の行き先表示は »