« やはりC1を走るのは楽しい | トップページ | 久々にPowerShotG7を持ち出してみた »

2014年6月28日 (土)

手帳の裏写りが気になる

 最近、手帳の使い方を変えた。

 備忘録と言うかToDo的なものもノートに書いていたのだが、打ち合わせの議事メモやら何やらと一緒だとちょっと違うかなと。

 今使っている手帳は週スケジュール/1ページが左側、右側がメモスペースになっている会社のもの。
 予定はシステム手帳のマンスリーに書いているのでこっちは作業時間管理用にしていたのだが、やった事を書くのも後からチェックするのに便利だろうと。

 ついでにToDoも書く様にしたので、意外と書き込む量が増えてメモスペースが結構埋まる。
 そうなると気になるのが、裏ページへの写り。
 クルトガだと柔らかい芯を使っているおり、ちょっとした事でこすれたり書き込んだ際に前のページに写ったりとよろしくないのでボールペンで書いていたのだが、そうなると裏に写ってしまう。
 システム手帳で使っているシャーボの0.5mm黒は確実に写る。 
 ちょっと借りたBicの黒でも同じ様に写る。

 意外だったのはFRIXIONはあまり写らない。
 0.38mmの極細のせいかもしれないが、0.5mmでもあまり気にならない。
 0.38mmは青と0.5mmは赤なので、それが関係しているのかもしれないが。

 FRIXIONはメインに使っていないけれど、手帳記入用に黒0.38mmを買うべきだろうか?
 
 必要最小限の事を綺麗に書けば、気にならないかもしれないけれど。

 

|

« やはりC1を走るのは楽しい | トップページ | 久々にPowerShotG7を持ち出してみた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手帳の裏写りが気になる:

« やはりC1を走るのは楽しい | トップページ | 久々にPowerShotG7を持ち出してみた »