« 気の使い方は価格に反映するものか | トップページ | ロバート・ブートナー著「孤児たちの軍隊2 月軌道上の決戦」読了 »

2014年8月 3日 (日)

bay blue (EOS M) 15 22mmパンケーキで焼鳥を撮ってみた

 近場の焼鳥屋に行ったので、bay blueに22mmパンケーキを付けて持って行ってみた。
 店内は呑み屋としては明るい方かもしれないので、そこそこいい環境だったと思うのだが。

Cimg_4056

 この日の突き出し。 結構レパートリーがある様で行くと「今日は何か?」の楽しみがある。

Cimg_4058

 ここで定番で食べる鶏南蛮漬。

Cimg_4060

 鶏レバー。 
 中はしっとりしてて、ここのレバーはかなり好み。 火の通り過ぎたレバーはちょっと。

Cimg_4063

 ここの一押しのつくね。 数が余りないので遅く行くと品切れの時が多い。
 他のメニューもそれ程大量に用意されている訳でないので、試合後に寄ると目ぼしいのが軒並み品切れだったりする。

 22mmパンケーキは55-250mmズームより寄ってもピントが合うので、近い被写体の撮影には使いやすいのだけど、F2.0なんてレンズなので寄ってもちょっとした距離でボケるのが難しい。
 今回もピントを手前に合わせると皿の奥がボケている。
 皿に色々もっているのなら付け合わせがボケるのはいいのだけど、焼鳥1本だけでそれでボケるのはどうなんだろうかと。
 絞りをもっと思いっきり絞る方がいいのだろうか。

 
 

|

« 気の使い方は価格に反映するものか | トップページ | ロバート・ブートナー著「孤児たちの軍隊2 月軌道上の決戦」読了 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: bay blue (EOS M) 15 22mmパンケーキで焼鳥を撮ってみた:

« 気の使い方は価格に反映するものか | トップページ | ロバート・ブートナー著「孤児たちの軍隊2 月軌道上の決戦」読了 »