« bay blue (EOS M) 16 22mmパンケーキでパンケーキを撮ってみた | トップページ | Over The Line 赤道を越えて 1日目 »

2014年8月 7日 (木)

Over The Line 赤道を越えて パッキング

 普通、アウェー参戦の時は、サイフ・チケット・レプユニ・タオマフが最低あれば何とかなるので、これを基本に使いそうなものをバッグに詰めていく。
 一泊してくる場合は下着の着替えも入るけれど、それほど荷物が増えるわけでも無い。
 ホテルでLANが使えて、滞在時間が長くできるときはパソコンとモバイルwi-fiルータも持っていくけれど。

 ただ、今回の場合気候が全く逆と言う事と、一応3泊実質2泊なのでもう少し荷物が増えた。
 今回は相方とキャリーケースを共用で、以前に買ったヴィクトリノックスの10日レベルのそれなりにデカい奴を持って行った。
 向こうで着るポロシャツやTシャツハーフパンツの類と、現地が雨らしいと言う事でサンダルを用意。
 今回の宿泊先のシェラトンハイドパークは結構グレードが高かったので、こっちから色々持ち込まなくても済むので助かった。
 それでもそれなりの荷物量になったけれど。
 機内持ち込みできないスイスアーミーもこちらに格納。

 その他、機内持ち込みにやはり良く使うトートバッグを利用。
 ロストバケージされては困るレプユニの類はこちらに入れて持ち込み。
 成田で受け取ったwi-fiルータもこちらに入れておいた。
 その他に機内で読むつもりの雑誌なんかも入れた。

 bay blueや55-250mmズームはやはり何時も持ち歩いているMANHATTAN PASSAGEのフロンタコラボ仕様メッセンジャーに。
 このあたりは何時ものものが入っている。
 その他にパスポートや旅程表やらガイドブック類を入れて、ほぼ満杯状態。
 上着があれば、そっちに入れておきたいものもここに入れている。
 こう言った時には、今の奴の次の年に出たもっと大きいメッセンジャーの方が役に立ったと思う。

 3泊4日うち機内1泊と言う旅の割りには結構な量になってしまった。
 このへんが旅慣れてない証かもしれない。

|

« bay blue (EOS M) 16 22mmパンケーキでパンケーキを撮ってみた | トップページ | Over The Line 赤道を越えて 1日目 »

旅行・地域」カテゴリの記事

旅行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83972/60104866

この記事へのトラックバック一覧です: Over The Line 赤道を越えて パッキング:

« bay blue (EOS M) 16 22mmパンケーキでパンケーキを撮ってみた | トップページ | Over The Line 赤道を越えて 1日目 »