« Google+からのダウンロード画像を貼り付けてみた | トップページ | 新たな使い道 »

2014年12月 7日 (日)

TAG Heuerの電池交換

 長年使っているTAG Heuerのダイバーズの秒針が2秒刻みで動く様になったので、そろそろ電池交換のサインが出たわと、ラゾーナのビックカメラに電池交換を依頼。

Cfdsc_0206


 TAG Heuerそのものの電池交換はビックカメラではやっておらず、メーカー送付のオーバーホールの形式となる。
 単なる電池交換の他に、裏蓋を空ける次いでに出来るレベルのオーバーホールや消磁処理なんかも込みでやる事になるので、費用はかなり高くつく。
 今回は9000円を超えた。
 これで約2年持つのだから、1年5000円強で週100円の負担。
 この程度ならまぁまぁ問題ないと思うレベルかな。

 もう購入から20年以上経つモデルだし、国内販売モデルで無く今は無きカイタック空港のDFSで帰り際に買ってきたものだけに、見てもらえなくても仕方がないのだが、こう言ったところのサポートが一流メーカーの矜恃と言う奴だろうか。

 見た目は細かい傷はガラス面に見えるし、使用された螢光塗料も劣化して暗闇でも思ったほどに光らない。
 それでも内部のクォーツ部分は優秀で、1月あたりの狂いは新品で買った時とそれ程変わらない。
 他に使っているカシオのソーラー電波時計の精度を比べるべくもないが、一切の補正機能が無い割りには実用上問題は無い。
 それにソーラー電波時計に合わせてこまめに時間合わせしているし、その程度の事は大した問題ではない。
 ひょっとするとあの時代だと日本製のムーブメントを組み込んでいるのかもしれないが、時間に正確である事を求められる腕時計なら、中身より正確性の方が大事。

 この先、どの位動いてくれるかは判らないが、まだまだつきあいは長くなりそうな予感がする。

 
 

|

« Google+からのダウンロード画像を貼り付けてみた | トップページ | 新たな使い道 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83972/60776615

この記事へのトラックバック一覧です: TAG Heuerの電池交換:

« Google+からのダウンロード画像を貼り付けてみた | トップページ | 新たな使い道 »