« 書き味と値段は比例するか | トップページ | ホルダー消しゴムの使い勝手 »

2015年1月 4日 (日)

ARROWS NX F-01F 導入 9 夜の中華街を撮る

 年末、横浜に行った際にARROWS NX F-01Fで色々撮ってみた。
 bay blueも持って行ったけれど、人が多いのでサッと撮れる方でサクッと撮ってみたのだが、カメラの癖が判らないでの夜の街中撮影は中々難しい。

Dsc_0242
Dsc_0243

 入り口の門を撮影。
 上は特に考えずにシャッター押してしまったのでピンボケ気味に。
 下は門の看板にピントを合わせて撮影。 ライトアップされているとは言え、暗めの看板で光量調整されたので右側のイルミネーションが白く潰れてしまっているけれど、まぁこの辺はいいだろうと。

Dsc_0245
Dsc_0249

 街中。
 上は人ごみにピントを合わせたので、結構バランスよく写っている。
 下は奥の店の明るい店先にあってしまったので、手前はほぼ真っ暗に。
 露出補正できれば、もう少し違った感じになったと思う。

Dsc_0247
Dsc_0250

 関帝廟。
 上は外から門にピントを合わせて撮影。
 中の建屋より暗めなので門が綺麗に出る中で、後ろがちょっとくどい感が。
 下は門を潜っての建屋。 ライトアップされてキンキラ感が倍増された感じ。
 露出を押え目にしたいところ。

Dsc_0251

 門に下がった提灯。
 見た目はもう少し赤かった筈。
 赤が暗めだったので明るく補正されてしまったらしい。

Dsc_0257_2
Dsc_0258

 近くの公園。
 上は左の木のイルミネーションに合わせたら、イルミネーションは白く光ってるだけな上に回りは暗く。 かなり失敗感が。
 下は右の東屋に合わせたところ。 左のイルミネーションは…いらんかったな。

 中々いかず、かなり手ごわいカメラだと思う。
 iPhoneも同じ思想らしいが、どんな感じで撮っているのだろう?


 


|

« 書き味と値段は比例するか | トップページ | ホルダー消しゴムの使い勝手 »

スマートフォン」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83972/60921680

この記事へのトラックバック一覧です: ARROWS NX F-01F 導入 9 夜の中華街を撮る:

« 書き味と値段は比例するか | トップページ | ホルダー消しゴムの使い勝手 »