« ステンレスボトルの真価 | トップページ | ヨコハマ ECOS ES31に履き替えた 500キロ走行後の感想 »

2015年8月11日 (火)

「真鍋かをりの世界ひとり旅手帖」読了

 旅日記だった「世界をひとりで歩いてみた」と対をなす本。
 「世界を…」はあっちこっちに行っての紀行文だが、こちらは海外旅行してきた中で得たノウハウやどんな形で旅をしてきたかを披露している。

 正直、この人かなり無茶(笑)
 こんな目茶苦茶な旅の仕方してたら、それはそれで無事に帰ってくれば面白いとは思う。
 仕事柄、海外に行く機会も多かったにしろ、いきなりチケットとホテルをネットで押えて出て行くってのは、よほど好奇心が強くないと。

 そんな思考で得てきたノウハウは正統派な感じだし、割り切りの良さは性格なんだろうと感じる。
 これも旅に出る目的をはっきりさせているからこそ取捨選択がきちんとできる。
 仕事が仕事だから、予定を立てて長期にと言うより、空き時間が出来たらサッと行ってしまう方が多いだろうからあまり目的を盛り込まないのだと思う。

 以前に記事にした吉田さんもそうだが、旅を修行の様に何かを求める求道者な旅人ではなく「面白いから」と楽しむために旅に出ると言う方が、遥かに色々得るものがあるように思える。

 なんにしても「道を極める」のが好きな日本人的な思考でないのは確かだが、趣味なんだから楽しくやってその結果を楽しく披露するからこそ、その話しは面白い。

|

« ステンレスボトルの真価 | トップページ | ヨコハマ ECOS ES31に履き替えた 500キロ走行後の感想 »

旅行・地域」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83972/62062485

この記事へのトラックバック一覧です: 「真鍋かをりの世界ひとり旅手帖」読了:

« ステンレスボトルの真価 | トップページ | ヨコハマ ECOS ES31に履き替えた 500キロ走行後の感想 »