« CANON EOS M5 をMユーザから見てみると | トップページ | 富士通とレノボがPCで提携 さらばFMV? »

2016年10月11日 (火)

高斎 正著『レオーネが荒野を駆ける時』を救出

 自由ヶ丘で開催された『女神祭』を渋谷に行ったついでに覗いてきた。

 流石はお洒落な街自由ヶ丘らしく、出ている露店も地域の商店街が出しているようで、普通の縁日の様な露店とは趣が代わってて、お洒落な食べ物と酒はワインにスプラッシュがメインと、ここまで拘るのも個性だよなと。

 そんな中、駅前ロータリーに古本の露店があったので覗いたら、%タイトル%があった訳で。
 ただの古本屋ではなく「本を森に帰す」と言う運動の一環らしい。
 そんな状況なので、テント内のテーブルに並んだ古本は脈絡がまるでなかった訳で、どんな集め方をしたのだろうと。
Dsc_1540

 この作品、ノベルズで出た初版で読んだのだが、まだ何処間にあったはずと思いながらも自信が無かったし、100円なら良いかと、買ってみた。

 内容は富士重工のテストドライバーが夢見たバハ1000出場が、富士重工の対米輸出へのアピールを込めて、会社としてのプロジェクトとなり、テスト用に作成されていたフラット6を当時の主力車種レオーネをベースにした「スーパーレオーネ」に搭載して挑むと言うもの。

 SF作家らしい奇想天外なアイデアで掛かれた「~する時」シリーズも主要なレースや国産メーカーを一通りやって、パターンが確立していたが、このあたりまではまだ作者の「文通している様な会話」は無く、読みやすい。
 読むのにもレースの様なスピーディーなテンポで読みたいってのがある。
 その当たりが、段々ずれて言ってしまったのが残念ではある。


 しかし、アマゾンでまだ扱ってるとは思わなかった。
 他も有るならうれしいが。

|

« CANON EOS M5 をMユーザから見てみると | トップページ | 富士通とレノボがPCで提携 さらばFMV? »

モータースポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83972/64328835

この記事へのトラックバック一覧です: 高斎 正著『レオーネが荒野を駆ける時』を救出:

« CANON EOS M5 をMユーザから見てみると | トップページ | 富士通とレノボがPCで提携 さらばFMV? »