PC備忘録

2015年2月12日 (木)

【PC備忘録】スクリーンショットの取り方

 セキュリティとかそのあたりのチェックが厳しくなった昨今、証拠になる確認資料も改竄されにくいのが望ましいとか言われる。
 折角csvファイルに落とせるのに、Excelで加工できちゃうじゃないかと言われると、便利なのが何か問題でも?と聞きたくなる。
 なんか考えろと言うので、管理画面開いた状態でスクリーンショットでも取りますか?と聞いたらそれでいいと。
 記録を残す画面が何画面もある訳じゃないが、その画面を出すまでのオペレーションが…いや何も言うまい。

 スクリーンショット採取手順

 1) Fn+PrtScを押下

 2) ペイントを起動

 3) 「貼り付け」を押下 項番1の画像が表示される事を確認

 4) 貼り付けた画面データのサイズが見づらかった場合、画像データの外縁の点線部にカーソルを
    持っていって、左クリックしながら適当なサイズに変更。

 5) 「名前を付けて保存」を選択して、任意のドライブ・フォルダに任意の名前を付けて格納

 表示画面をそのままPDFに出来れば楽だけど、有償なツールしか無いんだろうな。


 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年4月 5日 (土)

office2003 あっけなく消えた(^^;)

 巷ではXPのサポート終了が大きく取り沙汰されているが、それと比べるとoffice2003についてはあまり騒がれていない気がする。

 XPは標準搭載PCの老朽化とか、そのあたりの問題もあるから対応がどうのって話しになるが、2003の場合は7でもインストールできて利用できるから、PCの入れ替えがどうのって話しには中々ならない。
 2010以降にアップグレードするにしても、それなりの性能がいるのでPC入れ替えが妥当だと思うけれど。

 今使っているBIBLO Rに前の即死したLOOXで使っていた2003を入れているが、9日までに消すか2013にアップグレードするかを迷っていた。

 本来なら2013なんだけれど、よくよく考えると自宅でoffice使う頻度って今は殆ど無いんだよね。
 以前なら仕事を持ち帰ってやるのにofficeが無ければ話にならなかったけれど、今は情報セキュリティが厳しくて私物パソコンで仕事なんてもっての外、仕事の資料を意味無く持ち出せない様にロックも掛かっているし。

 それにoffice2003のexeやdllがいるだけでそいつを狙ったウィルスの類にやられる危険もある。
 起動してなきゃOKって保証は無いし、セキュリティソフトだって何時までも対応しきれないだろう。

 と言う事でoffice2003は消えてもらう事にした。
 ただ、引っ越しやら何やらでインストールCDが行方不明なのが気になったのだけど、やって駄目なら別の手を考えようとコントロールパネルの「アンインストール」でofficeを選んで実行。
 準備やら何やらでしばらくディスクアクセスしっ放しだったが、特にインストールCDを要求される事も無く処理停止。

 本当に消えたのか?とプログラムの連携が消えてたxlsファイルをクリックするが開く事は出来ず。
 一応消えたようだ。

 本当に消えたかのチェックはしていないが、とりあえずこれでいいかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月12日 (水)

REGZA Phone 導入 5 ジョルテとGoogleカレンダーの同期を復活

 レグポンのカレンダーソフト「ジョルテ」をGoogleカレンダーと同期させていた。
 この前、PCのLightningでJリーグ後半戦のスケジュールの修正を大量にやったのに、それがスマホのジョルテでは同期してくれないのに手を焼いていたのだが、何とか復旧させたのでそれを書きとめておこう。

 ジョルテではGoogleカレンダーと同期させる場合、Androidのプレインストールのカレンダーの同期機能を利用している事が判ったので、まずカレンダーの状況を確認。

 そこで表示された予定はジョルテと同じだったので、ジョルテ自体の問題でないと判断。
 カレンダーのデータを削除して改めてGoogleカレンダーと同期させればいけるんじゃないか?と仮定して試してみた。
 一応、ジョルテのスケジュールはCSVで退避させたので全滅は無いだろう。

手順は
 ホーム画面 ⇒ メニューボタン ⇒ 設定を選択 
 ⇒ 「アプリケーション」を選択
 ⇒ 「アプリケーションの管理」を選択
 ⇒ 「全て」タブを選択
 ⇒ 「カレンダーの保存」を選択
 ⇒ 「データを消去」 

 これでカレンダーのスケジュールは消えた筈なので、カレンダーを立ち上げて状況を確認。
 ちゃんと削除されてました。

その後、同期機能で取り込めればOKと言う事で。

手順
 ホーム画面 ⇒ メニューボタン ⇒ 設定を選択
 ⇒ 「アカウントと同期」を選択
 ⇒ 同期したいGmailアカウントを選択
 ⇒ 「カレンダーを同期」にチェックを入れ直す

 これでしばらく待てばカレンダーにスケジュールが復活するので、ジョルテを立ち上げて見える事を確認して完了。
 同期ずれはちょっとした事で起きるらしいので、その場合はGoogleカレンダーを正としてスマホのデータは捨てる事が正解。
 ジョルテでスケジュールを入れた時は、ちゃんとGoogleカレンダーと同期が取れている事を確認を欠かさない事が重要だと思う。
 
 また気になる事があったら備忘録として記事にしよう。
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 4日 (土)

REGZA Phone 導入 2

 買って帰ってからセットアップ。

 Googleのアカウントを取る必要があるのだが、既にGoogleカレンダーを使っていたので、それをそのまま流用する事にする。

 思えばこれが間違い(笑)

 セットアップ中にGmailのIDも出来るのだが、GoogleカレンダーのIDもそっちに移ってしまったようで、PCのThunderbirdと同期が取れなくなってしまう。
 何をいじってもThunderbird側の設定を変える事が出来ず、結局元のカレンダーを破棄して情報が書き換わってしまった新しいGoogleカレンダーをカレンダーで取り込む事で解決。

 その後メール環境を構築。
 i-MODEとspモード両方がある状態で、spモードのIDが標準の設定値となっている。
 現状ではi-MODEのIDを使用するので、これを入れ替えて運用。

 取り敢えず、このくらいしかトラブルらしいトラブルも無く利用可能となった。
 こんなにすんなり使える様になるなら、FOMAから機種変更でi-MODEは切ってしまってよかったかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月21日 (土)

REGZA PhoneをAndroid 2.2へアップデートしてみた

 本来ならREGZA Phone購入から初期セットアップ当たりに掛けて記事しようと思ったのだが、ようやくAndroidOSが2.1から2.2へのアップデートが5/18から始まったのでやってみた。

 ググッてみるとすでにアップデートして人柱になっているブログがヒットしているので、これなら大丈夫だろうと当たりをつけて実施。

 備忘録代わりに作業手順を書いておく。
 前提はWiFi使用と言う事で。

1.MENUから「設定」を選択し、「アプリケーション」をタップ。

2.「提供元不明のアプリ」をタップし、ポップアップのメッセージに「OK」をタップ。
  これはインストーラーの身元が不明だからって事らしい(笑)

3.ブラウザを起動し、FMWORLDへアクセス。
  お知らせ枠にあるT-01C OSバーションアップ開始」の表示をタップ。

4.代わった画面をずぅ~~とスクロールして「OSバージョンアップアプリダウンロ-ドページへ」の表示をタップ。

5.画面が代わると注意書きがずっとあるのでスクロールして降り、「同意してダウンロードする」をタップ。 ダウンロード用プログラムがダウンロードされる。

6.ダウンロードが終わったらタップして実行。
  「インストール」をタップ。

7.インストールが終わると「開く」ボタンが出るので、タップ。

8.「ダウンロード開始」のボタンの画面に代わるので、ボタンをタップしダウンロード。
  10分程度掛かるので待つ。
  ダウンロードが終わると解凍が連続して開始、これも時間がかかる。

9.解凍が終わるとOSバージョンアップあたって、ユーザに確認を取る画面が表示。
  これに全部チェック入れて同意しないと開始ボタンがタップできない。責任回避も大変だ。

10.インストールが開始されると電源入れ直しになって、如何にもOSが動いてますってコマンドプロンプト画面が出てくるので面白さを感じつつ終わるのを待つ。

11.インストールが終わると通常のロック画面が表示されるので、ロック解除すると「ソフトウェア更新通知」が表示されるのでOKをタップして終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月14日 (土)

REGZA Phone 導入 1

 REGZA Phone T-01Cを購入した。
 今まで使っていたF902iが6年を経過して大分ボロくなってきた事と、EM・ONEを少々もてあまし気味になっていたので、2つを一つにできればなと考えて導入。
 EM・ONEについては、そのうちきちんと総括したいと思っている。

 モデル選定の決めてはただ一つ。
 唯一の防水スマホである事。

 サッカー観戦に行くと、それこそ台風級の雨でも雷が来ない限りは試合をやる…まれにただの雨なのに試合中止する妙な事があるが…ので、防水機能の無いF902iでは使うのに気をつかっていただけに、雨の中でも使えるのはありがたい。
 今回の震災でもその強固な防水機能が威力を発揮したと言う逸話を聞いているし、USBポートの口さえ閉まっていれば台風程度なら問題ないだろう。 べつに風呂場で使う気はないが。

 購入に関しては、当初は比較的安価に入手できる通販に申し込んでいたのだが、申し込んで2カ月半経ってもモノは来ず。
 震災で工場が被災したと聞いていたので仕方がないかと気長に待っていたのだが、ビックカメラにデジカメのSDカードを買いに行った時に、携帯売り場を覗いたら…売るほどあるじゃないか!
 帰りには荷物に黒い箱が増えていた(笑)
 大手量販店をメーカーの力関係が如実に見えてしまった一件となった。
 今でもmixiあたりで「docomoショップに予約してまだ来ない云々」と言うのを見ると、「ヤマダでもヨドバシでも行ってみればいいのに」と思う次第。

 取り敢えず、少しづつカストマイズしながら、色々と楽しませてもらおうと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 4日 (水)

EM・ONEの契約変更

 4月終わりにEM・ONEの契約変更を有楽町のEMに行ってやって来た。
 月額使用料が使わなければ0円、使用したら定額4280円と言うやつ。
 本来なら完全に切ってしまっても良かったのだが、SIMカードが入っていれば無線LANは使えるので残している。
 一応2年縛りで奇数年の5月なら契約解除0円だが、それ以外では9800円だかのキャンセル料が掛かる。
 他のキャリアの手前、表立って紹介してないコースなのだそうだが、それはそうだろう。
 契約者数が減らないが実際の使用者との乖離を自主的に実施している訳で、ホントにこんなコースが今後も続けられるんだろうか?と心配になる。
 別にEMがどうなろうがそれはEMの勝手だが、勝手に契約内容変更なんて事をされて費用発生されても困るのだ。


 将来、EMの製品に乗り換える様な事があれば、SIMカードを入れ替えて使う事もあるだろうが、EMの実態エリアの狭さに閉口した身としては、超格安で超高速なサービスでなければまず使う事は無いと思う。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 4日 (金)

遅ればせながら…無線LANルータ導入

 世間の流行りからはだいぶ遅れているが、LANを導入した。
 大阪に行ってた時はケーブル刺しっ放しだったし、自宅用に入れるのも面倒だったので。
 選んだモノはI/O DATA製。
 相方に言わせると羽根の有るのは引っかけそうだからと言うことで、羽根のないI/O DATAを選択。
 どうせ名の通ったメーカーならどこも大差は無いし。

 早速セットアップ。
 筐体裏側のSSID,MACアドレス、パスワードをメモしてからLANケーブルと電源コードを刺してふたを閉める。
 電源を入れて通電する事とLANの信号が来ていることを確認。
 BIBLO Rの無線LANスイッチを入れて設定の窓を開く。
 ルータのSSIDの名前が出るので選択して設定窓を開く。
 ルータの筐体にあるWPSスイッチを押すと、BIBLO R側とのリンクが取れて設定完了。

 Macはスイッチ一つと言うわけにいかず。
 環境設定でAirMacを選び機能を有効に。
 受信した中からSSIDの名前を選んで設定を開く。
 中にメモったパスワードを入力して閉じる。
 それでルータとの接続は完了。

 EM・ONEはゲーム機用のSSIDを拾ったので、その設定を開いてMacと同じ様にパスワードを入力して設定終了。
 無線LANを有効化して接続は完了。

 なんともあっさりと繋がるので、少々拍子抜け。
 以前に買ったバイルルータはLOOX一台設定するのにえらく時間がかかったので、BIBLO Rの設定は面倒でやらなかったのだけど。
 マイナーなMacやWMでは流石にボタン一発とは行かなかったものの、開いた設定窓は一つだけだし、ここまで楽に出来るならプロに設定頼まなくてもokって感じだが。
 説明書もそれなりにやさしく書いてあるし、PCを使う人ならこれくらいは出来ないと不味いかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月23日 (日)

LightningとGoogleカレンダーとの同期設定手順(メモ)

LightningとGoogleカレンダーとの同期設定手順

1.「カレンダー」項で同期させるカレンダーを右クリック

2.開いた「カレンダーの保存先」窓で「ネットワークのサーバに保存する」を
  選択して「次へ」をクリック

3.「リモートのカレンダーへの接続に必要な情報を…」で「Googleカレンダー」
  を選択

4.「場所」の欄にGoogleカレンダー側のアドレスを設定して「次へ」をクリック

 後は指示に従って進めばok。

Googleカレンダー側の操作

1.「設定」をクリックし「カレンダー設定」を選択してクリック

2.「カレンダー」を選択してクリック

3.定義しているカレンダーのうち、同期するカレンダーを選択してクリック

4.「カレンダーのアドレス」で「ICAL」を選択してクリック

5.カレンダーのアドレスを示す窓が開くので、そのアドレスを記録しLightning側の

  アドレス設定の項に記入する

 これで同期が取れるはず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月20日 (月)

Microsoft Office Document Imaging が壊れる

 仕事用PCでMicrosoft Office Document Imaging が壊れた。
 以前に作成したMDIファイルを開こうとタスクバーの「フォルダ」をクリックすると、そのままエラー窓が開いて処理終了。
 正直、仕事で複数ファイルを一個にまとめて印刷する時に重宝してただけに、使えなくなったときは少々焦った(笑)

 ググッてみるが中々それらしいものにあたらず、一体何が原因だろうと。
 最悪再インストールしなきゃならないのだが、Officeは会社パッケージで買っているので、再インストールとなると手続きが面倒なのと、PCにCDドライブが着いてないので作業が大変なので、出来ればやりたくない。

 そんな風に思いながら、検索ワードをちょこちょこと変えて、ようやくそれらしき情報にヒット。

 それによると、ネットワーク経由でファイルサーバに格納されたファイルを処理するときに、パス名が長くなりファイル名が異様に長くなるとおかしくなると言う。

 言われた通りにレジストリエディタで「HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\MSPaper11.0\Recent Files」の中にある値をすべて削除して見ると、あっさりと正常に戻る。

 妙な情報を保持して動作がおかしくなるってのは如何にもWin系らしいが、レジストリで情報を保持されちゃうと、Document Writerを再インストールしても復旧しなかっただろうと思うと、冷や汗が(笑)

 これってOSとアプリのどちらに問題があるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧