スマートフォン

2019年3月13日 (水)

Google+の移行先は

4月でサービス終了となるGoogle+。
存続の運動もあったようですが、Googleにしてみればもう金をかける意味がないコンテンツなので、そのまま終了となるようです。

とりあえず、データのバックアップは取りましたが、画像はすべてGooglePhotoに上げたやつだし、なんか気の利いたことを書いてたわけでないので、あまり惜しいって感じはしない。

で、今後はどうしたもんかと考えてた。

ココログはGooglePhoto が使えないのでパス。
twetterはまたものが違う。

色々考え、Instagramが良さげだったでそっちに画像は上げることにした。
GooglePhotoから直接アップできるし、Instagramのツールからも選択できる。
内容はハッシュタグ付ければいいし。

とりあえずこれで行こう。しばらくは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月11日 (月)

2018年のデジカメ利用状況

 2019年が始まってもう一ヶ月経ってしまったが、去年のデジカメ利用状況など。

 新しい機材の買い足しは無し。
 レンズはM用の広角11-22mmが欲しいけれど、絶対に必要と言うわけでもないので保留中。
 X7に24mmパンケーキを付ければ持ち歩き様にも使えるのだが、それならM を使う方が楽。
 と、言うことでコンデジでG7XかRX100のV5あたりが欲しいなと思いつつ、現状に甘んじる。

 手持ち機器の利用状況は…。

 X7はあいかわらすスタジアム撮影専用。
 たまに18−55mmつけてみるものの、持ち歩きはM の方が上なので街撮りには使わず。
 用途を思うと400mmクラスがあってもいいかなとは思う。

 Mは休日の持ち歩きの第一候補。
 ミラーレスでコンパクトなこともあるし、モニター撮影に慣れているので、写った状況のまま撮れるのは捨てがたい。
 ただ、そうは言ってもレンズがかさばるので、確実に撮ると思う時用で持ち出し機会は減りつつある。
 写る絵はさすがはEOSだと思う。

 EX-H15はこのところ活躍中。
 コンパクト…コンデジとしては大きいのだが…なので、通勤用のビジネスリュックの貴重なポケットを一個専有して常時持ち歩き状況に。
 真っ暗な所でなければそれなりに写るし、プレミアムオートに設定しておけば余計な事を考えずにフォーカスがあったらシャッターボタンだけ押せばいい。
 W端が24mm からと手持ちの中でな一番の広角なのも良い。
 なんと言ってもバッテリーの持ちが半端ないので、残量を考えずに入れっぱなしにできるのは助かる。
 最も通勤途中で使うとなると帰り道に限られるので、暗いところ苦手なのはちょっと困りもの。

 PowerShotG7は今一番使い方に悩む存在に。
 なんせ古いので、ズームレバーのレスポンス悪化を修理する術が無いのが痛い。
 多分バネの張力が落ちただけだと思うのだが。
 高級コンデジの性か、意外と大きく重いこともある。
 金属製ボディで堅牢性はバッチリなんだが。
 そしてバッテリーが長年使用してきて劣化しているのも持ち出しに躊躇する一因。
 フル充電しても1〜2枚でバッテリー切れなんて事になるし。
 サードパーティ製も含めて入手は簡単なのでバッテリーを買い換えれば良いのだが、持ち出し機会が増えるかなぁと思うと、なかなかamazonでポチッとできなかったりする。
 なにかのついでに買っちゃえって事になりそうだけど。
 撮ってみると古いとは言えなかなか楽しい物があるので、もうしばらく使いたいのだが引退も考えないといけないかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月10日 (水)

Google+ サービス終了へ

 GoogleがGoogle+のサービスを終了すると発表した。

 やっぱりなと言うのが、正直な感想。
 Googleの出すリリースで、全くと言って良いほどGoogle+にはふれてなかったし、スパムみたいな投稿を一掃する気も見えずに放置状態だったからね。

 Google+は悪いコンテンツでは無かったが、SNS全部取り込みなんて欲をかいたのが間違い。
 Googleフォトとの親和性の高さを活かせば、Iそれだけでnstagramより使い易いサービスになっただろう。

 Google+の一番の問題は他のSNS、TwitterとかFacebookとかやブログとの連携を一切取ってなかった事。
 誕生の経緯を考えればFacebookはともかく、Twitterとブログは連携する手段は持っておくべきだった。
 自社のbloggerでさえ、連携出来なかったのは。
 一般公開はともかく、コミュニティが無くなるのは痛い。
 あれはInstagramではできないし。

 来年8月まで楽しませて頂きますかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 2日 (月)

テスト

アンドロイド用の Bluetooth 接続のキーボードを購入したので、接続テストを兼ねてアップしてみる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 2日 (水)

今朝の等々力ニャンズ

1525232699200.jpg

今朝の等々力ニャンズ。

スマホで撮影した中から1枚。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 7日 (水)

googlephotoとInstagramの連携

 デジカメやスマホで撮影した画像は、ほぼ全てgoogleフォトにアップしている。
 パソコンやスマホとの連携も取りやすいし、何より16メガ以下は無料で無制限なのが助かる。
 一試合で100枚以上は撮るので、それだけで年間5000枚にはなる。

 ただ、それをどう使うかが問題。
 google内ならgoogle+で一般公開やコミュニティにアップできるが、SNSとしてはマイナー過ぎ。
 かと言ってココログやTwitterに連携させるのも、結構手間が掛かってスマホから直接アップの方が楽。

 で、どうしたものかと思っていたら、Instagramとの連携が出来る事が判明。
 Instagramはスマホからしかアップ出来ず、windows7だと普通じゃ無い手段からしか使えないと思っていたので、デジカメの画像は。やるだけ面倒くさいと消極的だったのだが。

 先ずはスマホにInstagramアプリをインストール。
 アプリを起動して、InstagramのIDを取って環境を作る。
 すると、googleフォトで画像選択すると、共有のアプリの中にInstagramのアイコンが追加されているから、それをタップすると、Instagramアプリに制御が渡るので、後はそちらで公開。
 と、ほぼgoogle+並みの手間で公開が出来る。

 本来なら、ココログで直接取り込みが出来れば良いのだが。
 Androidのココログアプリはgoogleフォトも選択は出来る。
 ただ、アップに失敗するけれど(苦笑)
 こういう「がっかり感」はノジマグループになっても引き継がれているってのも…。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年7月19日 (水)

この違いが面白く

 帰り道、途中下車した駅近くで神社を撮ってみた。

Dsc_2253

Dsc_2255

 ARROWS NX F-01Fで撮ってみた。
 何もいじれるところが無いので、カメラ任せで撮るとこうなった。

Cimg2265
Cimg2266

 EX-H15だとこんな感じ。
 AUTOだとISOは800まで上がるが、それ以上上がってもノイズが酷くなりすぎる。

Cimg2269

Cimg2270

 階段を上がった先を撮ってみたが、やはり暗い。

Img_1696

Img_1697

Img_1701

 EOS Mだともう別世界。
 サイズが大きいのでリサイズして圧縮しているが、ISO値がF-01FやEX-H15とは一桁違うのに、ここまでしっかり撮れるのはセンサーのサイズとレンズのコストの違いだろうなと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月23日 (金)

ココログアプリ アップデート後の使い勝手

 ほぼ1年振りにアップデートがあったAndroid用ココログアプリを使ってみて、やる気のなさならどこの同業他社にも負けないニフティにしては問題なく使えている。

 いつの間にか使えなくなってたTwitterとの連携も、今のところ問題ない。
 多分Twitter側の仕様変更が原因だろうが、対応まで時間が掛かりすぎなのはどうかと。

 後はGooglePhotoとの連携が出来れば言うことは余りない。
 画像のダウンロードをかけには行っている様なので、元の仕様は対応する気はあったと思うのだが。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 7日 (日)

町田・野津田の藤棚

1494169185754.jpg

 Fー01Fで撮ってみた。
 ココログのソフトがgoogleフォトを認識しないのは困りもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 4日 (木)

デジタル達人の超愛用品 を読む

Dsc_2078


 この手のガジェット系の雑誌は結構好みなので、たまに買って読んでいる。
 ただ、雑誌としてはA4サイズと大きいので、満員電車で広げて読むにはちょっと面倒って事もあり、家で暇なときにちょこちょこと読んでいたら、結構時間が掛かってしまった。
 鞄の中身を記事にしている割りには、鞄の中に入れるのに躊躇する、不思議感のある雑誌ではある。

 「フリック」と言う電子雑誌のムック版で、各界のモバイルしている人たちの鞄の中身を公開する内容。
 業種に特化したものもあるが、大体がiPadかMacBookをメインにあとはカメラ類やらスマホとそれらのオプションって感じだろうか。

 これだけのものを良くこのサイズのバッグに詰めているなって思うが、この手の人たちって収納する能力に長けてるんだろうと思う。

 最近はセキュリティ絡みでパソコンを持ち歩く事も無く、仕事で出歩く機会も減ったので、この手の最新情報には疎くなっている事も合って、こんなもんなのかと。
 流石にPCを通勤に持ち歩くのはただの錘だが、タブレット+外付けキーボードとはなら面白いかもしれないと考える。
 ボーナスで考えるか。 でもBIBLO Rの調子が最近悪いからPCの買い換えの方が優先度は高いか。

 アマゾンではまだ手に入る模様。
 


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧