スポーツ

2017年12月19日 (火)

フロンティアーズ連覇

1513637134435.jpg

 Xボウル決勝で東京ドームへ。
 これで5年連続の観戦となる。
 すっかり12月の定例行事になった。

 最初はよく判らなかったアメフトも、最近は割と判る様になってきた気がする。

 試合内容もフロンティアーズの攻撃力がビッグブルーを圧倒。
 決勝で60点越えは史上初らしい。
 守備の事は取りあえず忘れよう(笑)
 シーガルズ戦は緊迫感のある守備合戦だったから、ザルって訳では無いのだが。

 これで来月3日の予定は東京ドームと決まった。


1513637136390.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月24日 (日)

PowerShot G7 アメフトを撮る

 富士通スタジアム川崎で開催された、富士通フロンティアーズと東京ガスクリエーターズの試合を観戦。
 天気がいま一つだったのと荷物を減らしたかったので、PowerShot G7を持ち出した。
 望遠性能があるので、レスポンスに問題はあるものの、比較的明るい日中である事も手伝って、割と早いSSでいい感じに撮影できていた。
 EX-H15ではこの距離を撮るのは厳しい。 広角で近距離がどちらかといえば得意な機種だし。

 設定はすべてプログラムAEでISOとWBはAUTO、露出補正は無し。

Img_6115_2

Img_6124

Img_6125

Img_6129

Img_6141

Img_6146

Img_6147

Img_6149

Img_6150

Img_6153

 最後は帰り道の歩道橋から正面に見える川崎駅を撮ってみた。

 まだ互換バッテリーが手に入る様だ。
 今のバッテリーはまだ使えるけれど、使えなくなった時の為に買っておくべきか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月18日 (水)

POWERADE FUELXを試してみた。

Dsc_1065

 日本コカコーラが新規に売り出したスポーツ飲料。

 全世界でコカコーラが売っているスポーツ飲料で、FIFAやIOCの公式スポーツ飲料にもなっているブランドらしいのだが、何故か日本では売られていなかった。

 どうも日本コカコーラには自社ブランドのアクエリアスがあるので、そこでバッティングするから販売しなかったようだ。
 コンビニやドラッグストアの類には全く置かれていないので、あまり力を入れて売っている様にも思えないのだが。

 そんなものが何故か?事務所の売店のドリンク売り場に有ったので、試しに買ってみた。

 スポーツ飲料と言いつつも、日本で夏場に飲む水分補給を目的としたアクエリアスやポカリスェットの様なものではなく、即効性のあるエネルギー補給として「マルトデキストリン」と言う成分があり、これだと糖分補給しても血糖値が上がった後急激に下がる事が無いらしい。
 また、カフェインを含むので眠気覚ましにも有効。

 実際に夕方あたりに空腹感を覚えたところで飲んでみると、空腹感が紛れるし疲れている状況でも眠気覚ましになるのを実感。

 これは効くわ(笑)

 問題は、どこにも売っていない事か。
 画像の品は埼玉スタジアムのサッカー/フットサルコートのある地域にある自動販売機にあったものを買ったもの。
 まさかここまで買いに来る訳にも行かないし、ちょっと残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 8日 (日)

2020年五輪 東京に決まる

 昨夜の等々力劇場に酔ってさっさと寝てしまい、今日は今日でユースの試合で埼スタまで行ってたので、記事にするのに出遅れたが、2020年の五輪開催が東京に決まったそうだ。

 イスタンブールもマドリードもいい都市だし、東京も問題は抱えているので、下馬評を覆す結果になってもおかしくないと思ったのだけど、ほぼ順当に決まったようだ。
 この快挙があのおっさんの手柄になるのはちょっと腹立たしい所だけど、まぁ嫌なニュースばかりの中でいいニュースになったのは事実だし。

 別にだからどうだと感慨は無いけれど、1964年の前回から夏冬4回の開催はかなり多い方かなと思うけれど、どうなのだろう?

 この決定を受けてと言うわけではないが、国立の改装も始まるし7年の間に色々と変わっていく事だろう。
 これを気に首都高がもっと走りやすくなるとか、地下鉄や首都圏のJRが24時間運行になるとか、羽田と成田の間に直通路線が出来るとか、その辺はやって欲しいところ。
 東京は金持っているから、自前でやってくれればなお良いのだけど。

 さて、どうなるか?

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月15日 (火)

町田ゼルビア-ジェフユナイテッド千葉戦

 町田の試合は横浜FC戦以来半月ぶり、野津田はヴェルディ戦以来一ヶ月ぶりの参戦。
 前回は相方とバスで来たのだが、今回は一人なのでスクーターで野津田へ向かったものの、熊本戦の時と駐輪場の位置が変わっていてちょっとまごつく。
 以前の所だとバスの運行に影響がありそうだから仕方がないが、西側駐車場に回されてアウェー側から大きく回ることに。
 ただで停めさせてもらえるだけでもありがたいので文句は無いが、千葉サポとすれ違いながら歩いていると…。
 ホーム側から来たカップルの二人組、すれ違いざまに女の方が「こんな田舎でなんでやるの」と仰る。
 こっち方面からみればフクアリは充分な田舎ですがね。
 田舎に来るのが嫌ならさっさと上がれ。
 何年もJ2暮らししててそんな上から目線なことを言える立場かよ。
 きっとアウェーは近場しか行かない連中なんだろうな。
 折角来たんだから、東京とは思えない自然に囲まれたロケーションを楽しめないんかね。

 ちょっと気分を害しながらもホーム側に回り込み入場前に腹ごしらえをと思ったら、そこは黄色いイナゴの大群に襲われていた。
 コンフィはもっと早く来ないと食べられないか。
 町田のスタグルメはかなりレベルが高いしホーム・アウェーの区別無く楽しめるのはグッドポイントだけど、待たされる形態のものが多いのが残念。
 サッと買ってサッと食べれるメニューがもっとあればと思うのだけど。
 腹ごしらえより席確保を優先し、AA席のホーム側ヴァイタル横あたりの席を確保して外へ。
 結局、焼鳥丼とモツ煮の昼食となりました。

 試合は結果から見れば完敗。
 ただ、千葉が手がつけられない位強かったか?と言うとそうでもないなと。
 個のレベルは上の選手が多いのは事実だが、個人技でしてやられたのは2点目位。
 後はボールの失い方が悪くてカウンター喰らってと言うのが殆ど。
 深井や田中があの位置でボール持ったら行っちゃうし。
 だから点差ほどの差はないと思う。
 やりたいサッカーをやっていて、為す術無くボコられた訳じゃない。

 ただ、気になるのは横浜戦でもそうだったが、ボールを横に動かすだけで中々前に入れていかないところ。
 特に最終ラインのボール回しは各駅停車で右から左と言った具合でパススピードも遅いので、相手は容易にプレス掛けながらスライドしてエリアを埋めてしまう。
 前線がプレスを掛けてきて余裕が無いのは判るが、一人飛ばすとか中で折り返すとかの工夫を入れてもよいかと。
 それに中盤から前でボールを貰う動きがしっかりできてたのか?と言うと、これも疑問。
 マーク外すのにポジション離れて大きくリスクをもっと侵しても良かった様に思う。
 長い距離のパスを通す自信が無いなら、もっと近くでボールを回す様な形ができてれば相手は嫌じゃなかったか?
 それに宇宙開発になってもいいからミドルを叩き込んだりと、シュートで終わる形ができないから中途半端なところでボール取られて前線に出され、上げてた最終ラインの裏を突かれてGKと一対一を決められる。
 ドリブルで持ち上がった時は千葉も対応しきれてなかっただけに、攻める際はもう少し工夫があればと思った。
 
 次のホームは川崎のファン感謝ディとかち合っているので不参加。
 今度野津田へ行けるのは6月かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 5日 (金)

松田直樹 逝く

 正直なところ、あの汚いプレーは好きではなかった。
 よくもまぁ川崎の選手にラフプレイ仕掛けてくれたし。

 だが、2007年だったかのナビ杯でGKが退場後、いち早くキーパーユニに着替えてゴール前に立った姿は男気に溢れていたように思う。
 あの状況で監督の指示もないのに自分から志願出来るもんじゃない。
 2009年に再びナビ杯で同じ状況で、同じようにGKやろうとしたのを空気読まないコーキチさんが新人の水沼(現栃木SC)にやらせて、水沼は自分があてにされてなかったと後日どこかで読んだが、チームメイトにそんな思いをさせたくなかったのかもしれない。

 最も、GKの意識が薄かったのか?PAほったらかしで上がってしまうのには、敵ながら笑ってしまったが。


 謹んでご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月21日 (木)

なでしこ世界制覇…なんだけど

 なでしこジャパンがW杯優勝。
 ノックアウトステージは文字通り死闘の連続だったが、テクニックとパスで繋ぐサッカーが最後まで破綻しなかったのが勝因だろう。
 PK戦前の両チームの表情を見て、追いつかれて追い詰められたアメリカに対して、延長後半終了ギリギリで追いついた日本の笑顔を見て「これは貰ったわ」と思った。
 PKは水物ではあるけれど、その分勢いや気持ちが出てくるものである。 と、過去PK戦負けを喰らったサポは思うのである。
 決勝戦では「PKは運」とうそぶくのも辛い(笑)

 なでしこジャパンの偉業はとても素晴らしいのだが、問題はさも判っていたかも様に取り上げるマスコミの皆様の不勉強と適当さだろうか。

 「感動をありがとう」と言ってれば番組作れると思っている所がなんとも。
 あんたたちの仕事は「何故感動したのか」と言う事を取材してそこになにがあったのかを報道する事であって、選手の家族やら恩師にマイク突きつけてコメント取ってくる事ではないだろうに。
 そしてネタの賞味期限が過ぎたら見向きもしない。
 多分GL突破しなかったら、ノックアウトステージなんて「そんなのやってましたっけ?」と知らん顔するフジが一番はしゃいでいるのが見苦しい。
 いくらフジの番組はニュースでもスポーツでもバラエティ視点でしか作れないとはいえ、もう少し公共の電波使って商売している意味を考えてほしいものなんだけど。

 今はマスコミ様がちやほやしてても、今週末からのなでしこリーグの試合会場に行って試合内容を報道しようって気までは無いに違いない。
 中継なんて良くて地方局のローカルネットでやれば良い方。
 Jリーグでさえ地上波で見る事は稀なんだから。
 9月の五輪予選はNHKがBSで前線中継するそうだが、もう一歩踏み込んでなでしこリーグもやらないかな。 皆様のNHKなんだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 3日 (金)

W杯開催を逃す

 2022年のサッカー・ワールドカップの開催がカタールに決まった。
 中東初開催と言うことになる。
 W杯と言えば暑い6~7月開催なので、中東は不利と言うより無謀だろうと思ったのだが、全スタジアムを屋根付きにして内部をエアコンで27度程度に抑えるのだという。
 エアコンの稼働はエコなエネルギーを使って、大油田地帯とは思えないクリーンな冷却を計るんだそうだ。
 雨の少ない中東で、日照時間が一番長い時期にやるのだから、太陽光発電の効率はかなり高いだろうし、何より小国であっても土地は余っているから好きなだけ発電パネルを展開できる。 それに小さいが故にスタジアムを近場にまとめて建設出来るから、アメリカやオーストラリアみたいに端から端まで飛行機で1日かかるなんて事もない。
 中東開催の一番のネックが解消されるなら、初開催と言う看板はかなりの威力がある。
 それにどんな対抗策を日本がぶつけるのかと思っていたら…
 3Dの試合中継なんだとか。 正直、これで勝てれば苦労は無かろう。
 「その技術いいね。 他で開催するとしても使わせてね。」と言われてもおかしくはない話しで、日本開催でなきゃ使えない技術ではない。
 FIFAの要求は簡単で「8万人クラスのスタジアムを用意しろ」と言うのをクリア出来なかったのだから、落ちるのは当然。
 それに3D中継にしても、パブリックビューイングの大規模な仕掛けに過ぎないが、そこに客が出かけたらテレビで観戦する人口が減れば放映権料にも影響する。
 何より、W杯観戦で来日する客が減ったら、経済効果も無いだろう。
 JFAがその辺のデメリットに目をつぶったのは、国や自治体がFIFAの基準を満たすスタジアム建設をしないだろうと見ているからではないか?
 自治体にしてみれば、02年の開催に向けてスタジアムを作ったは良いが、意地管理で持て余しているところが多い。
 Jクラブの有るところはもっとシビアに見るだろう。
 無理矢理8万人クラスを作っても、そこをホームにするクラブの試合では1/4も入れば御の字だ。
 横浜の日スタもFCの味スタもフルハウスを連発できてはいないし、緑では1万越えれば大入りじゃないかと。
 地域密着で広い地域から集客できないJリーグでは、首都圏のクラブが3~4万クラスのスタジアムを使う程度だろう。 広く集められる浦和にしても6万キャパの埼スタを8万クラスに改築してもフルハウスが行けるかは判らないし、同じく広く集める鹿島は今の鹿スタでも満員に出来ないのに。
 潰しの効かない専スタでなく、陸上兼用スタで妥協するにしても、日本最大規模の日スタを満員にできるのはサザンかジャニーズ、AKB位。
 陸連だって、あんな立派なスタが東京近郊にあるのに、わざわざ等々力競技場で国際大会を開いている位だ。
 等々力が日スタに勝てるのは、東京に近い事と使用料が安いって事くらいだろうに。 
 オリンピックもそうだが、規模や動く金が大きいビッグイベントの開催権を取るなら、もはや国家規模の招致活動をしなければもはや無理なんじゃないか。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 7日 (日)

日本シリーズ最長試合

 日本シリーズ「ロッテ-中日戦」が最長試合時間になったとか?
 西京極から帰って、スポーツニュースでも見るかとチャンネルを切り替えてたら、野球の絵が映ったのでてっきりニュースのスポーツコーナーだと思ったら、一向に終わらない。 しばらく見て「あ!ライブなんだ」と気づいた(笑)
 その場でチャンネルを切り替えたので結果は知らなかったが、結局15回までやってケリが付かず引き分けになったそうだが、そこまでやるなら決着が付くまで延々とやりゃいいのに。
 そうすれば7戦目以降の開催とかで無駄な労力を使わずに済むのに。
 次で決着が付かなかったら大急ぎで会場をセッティングして、前売り券はもう間に合わないから当日売りオンリーで窓口売り一本でやらなきゃ間に合わないだろう。
 一応、そうしたときの準備は事前にしてあるとは思うが。

 今朝の新聞やネットのニュースで気になったのは、試合終了後に帰れない客がどうのこうのと言う記事。
 中には試合終了まで最寄りの鉄道は運転しろなんてのもあったが、何言っているんだか判ってるんだろうかと思う。
 ニュースネタには面白いのだろうが、客の帰宅の足なんぞ客が気にすりゃいい話しで、主催者の責任ではない。
 第一、名古屋ならかなり遅い時間までJRや私鉄、地下鉄は動いているのだから、客が自分の帰れる経路と終電時間を考えて観戦すりゃいいだけの事。 
 子供じゃないんだから。
 仮に子供がいたとしたら、そんな真夜中まで外をフラフラさせる親が悪い。
 もっとも、こんな事になる可能性は日本シリーズの場合あり得るんだし、土日は昼間開始でいいと思うけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月11日 (月)

ジャイアントキリング、今年は無しで終了

 天皇杯につきもの。  それは「ジャイアントキリング」

 下のカテゴリーのチームが格上のカテゴリのチームを喰って勝ち上がる事を言うのだが、今年は流石に「ジャイキリ」は無かった(笑)

 3回戦までに残った中でJリーグ勢以外はソニー仙台と町田ゼルビアのみ。
 どちらも格上のセレッソ大阪と新潟に破れて4回戦進出ならず。
 どちらも内容のあるいい試合してただけに残念だったが。

 その他の試合はJ1とJ2の組み合わせだったが、やはり順当にJ1が勝利。
 例外は千葉・柏千葉勢が京都・神戸の関西勢を破った事だが、これは流石にジャイキリとは言えない。
 柏は元々J2に落ちてる事自体がおかしいチームだし、今年の京都はヘタレだから千葉に負けても不思議は無いと。

 やっぱりJ勢を2回戦から出すのは天皇杯の楽しみを殺ぐから、来年は考えてほしいものだけど。

 言い出した張本人が会長の座を追われたし、この日程のキツさにJクラブの不満は高まっているから、多分改革されると思うけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧