ニュース

2018年8月30日 (木)

Nikonのフルサイズミラーレスに思う

 NikonがフルサイズのミラーレスZシリーズを発表。
 ネットでも結構記事を見かけるようになった。
 キャノンに先駆けての製品投入となったのだが、どういう意図で出てきたのかが、今ひとつ見えてこない。

 性能や機能はすごいなと思うけど、価格を見るとこれくらいやらないとヤバいんじゃないか?と思うし、フルサイズという事で筐体そのものもミラーがなくなった割に小型化された感がない。
 従来のニッコールのレンズ群を利用可能にしている事もあって、大物レンズの重量も支えなければならない分軽く作るのは難しい。
 そして新しい専用マウントレンズが少ないので、従来のレンズ群に頼らなければならない。
 キャノンがMシリーズを出したときもMマウントのレンズは22mmと18-55mmの二種類だけで、マウントアダプターを付属品に入れて従来のEFマウントを使えるようにしていたのと変わらないが、Mはデジイチの下位互換的位置づけだから、大物レンズ装着はあまり考えなくて良かったが、Zシリーズは価格や性能、想定ユーザを思えばそんなことを言っていられない。
 そしてアダプターをかませると、ミラーレスのメリットが全くなくなる。
 初代M にアダプター経由で250mmつけてたものの、そのサイズはkissシリーズと大差ない事もあって、X7購入に至った身としては、サイズや重量のメリットが無くなるならデジイチでいいじゃないかと思ってしまうのだ。

 ミラーレスってことをガンガン押してこないってのは、NikonにとってZシリーズは様子見で打ち出した威力偵察部隊って位置づけなのかもしれない。
 専用マウントが充実してきたらかなり有力な製品に育ちそうだが、ミラーにこだわりの強いユーザーが多い高額デジカメのテリトリーでそこまで待てるかかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月12日 (水)

富士通とレノボがPCで提携 さらばFMV?

 富士通とレノボがPCで提携するとか。

 以前に東芝とVAIOと提携と言う話があって、いくら何でもクセの強い所と組んでもと思っていたが、Thinkpadの流れを汲む…直系とは言わない…レノボなら、意外と愛想な予感。

 ただ、実質的にはレノボにPC部門を売るようなものだから、FMVの系譜はここまでとなりそう。

 townsでPC初めて、LOOXを楽しんだ身としては寂しいものだが、LOOXが無くなった時点でF製PCとは終わりだったのかもしれない。

 ∞マークの付いたthinkpadモドキは使う気にならないし。

 でもキレ味の良いトラックポイントが付いてたら、230cs使いだった過去が 案外買ってしまうかも知れないと思ったりもする。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 2日 (火)

蒲蒲線は日の目を見るか?

 JR・東急の蒲田駅と京急の京急蒲田駅の間は約800mだかの距離がある。
 昔からこの間を繋ぐ「蒲蒲線」構想はあるのだが、どうにも日の目を見ない。
 繫がれば京急沿線と京浜東北・東海道と東急沿線で相互に行き来ができる事になるのだが、距離が中途半端なのが悪いのか?工事となると地上も地下もめんどくさいのかは判らないが、何故か話しが進まない。

 今回の話しだと東急の多摩川線を京急蒲田駅まで延伸させる事を狙っていると言う。
 矢口ノ渡駅から地下に潜ってそのまま京急蒲田駅の地下まで延伸。
 そのまま京急に乗り入れて羽田空港まで伸ばしたい意向があるようだ。

 ただ、京急にしてみれば、JR品川と川崎で連作しているので、敢えて蒲田で繫がらなくても困らないし、乗り入れさせて運行が面倒になるのもメリットが無い。
 京急にずっと乗って行って貰ってこそメリットがあるのに、蒲田でJR/東急に流れられても困る。

 逆に東急にしてみれば、中途半端な立ち位置の多摩川線を有効活用できる。
 羽田まで延びれば、もう一方が多摩川駅では勿体ない。
 かと言って目黒線と繋いで目蒲線復活というのも旨味はない。
 となると、東横線への接続になる。
 恐らく、京急側との競合問題があるから神奈川方面には行かないだろう。
 そうなると渋谷方面に電車を流せば、「羽田空港-渋谷間直通」「渋谷経由新宿・池袋に一直線」をうたう事が出来る。
 これはJRでは出来ないメリットになるし、東京メトロも東武も沿線のメリットも大きいのでバックアップするだろう。

 これは羽田を使う外国人客にもメリットがある。
 成田は成田エクスプレスなら山手線を中心に首都圏沿線の主要駅にダイレクトに出れるが、羽田はモノレールと京急で乗り継ぎが出て、しかも判りにくい。
 「For Tokyo」の看板一つで済むのはかなり大きい。
 東急が多摩川線~東横線で羽田に乗り入れる事は、利便性が大幅に向上するので、国交省が観光庁と組んでプッシュしてきてもおかしくなさそうだ。

 果していつどの様に実現するか、見守る事としようか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月27日 (土)

iPhone6の受難

 iPhone6が新発売されたが、歴代モデルと比べて色々と災難にあう比率が高いような気がする。

「ようこそ2012年のAndroidへ」の皮肉は置いておくとして、曲げられたりボディから出っ張ったカメラを凹られたりと、ヤワさを指摘されている。

 曲がったのは通常の使用の中での事だろうけど曲げたのは故意にやっている事だし、レンズだって無理やり押し込んだとしか思えない。
 雑な扱いは想定していても、悪意を持ってやられる事までは想定してないだろうし、無駄に強度を持たせる事は贅肉になるし。
 流石に対物ライフルで撃たれば吹っ飛ぶのは当然だろうけれど、そんなにタフさが欲しいならタフパッドを買うべきだろう。

 華奢じゃないiPhoneなんかiPhoneじゃなかろうと思う。
 モデルチェンジを

 もっともボディを薄くして大きくすれば、曲げや捩れには弱くなるのは当然で、従来サイズで問題ない設計のままだと流石に強度は辛いと思うが、果たして?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 9日 (水)

さよならXP

 WindowsXPが今日でサポートを終了する。

 後継OSが3世代も出ていた中、ここまでサポートを続けたMSに敬意を評したい。

 ニュースでも取り上げられるくらい、社会的なお話しなのだが、なんと言うか未だにXPを主力で使っている企業が少なからずいるそうだ。

 ネットに繋がずにデータの交換も無いなら心配ないのだが、そう言う訳に行かないPCの方が多いだろう。
 ウィルスなんかに乗っ取られて、悪さする奴が続出しそうなのが怖い。

 しかしXPも今でこそ名OSの様に言われるが、出たときは色々と問題があって、まともに使える様になったのはサービスパックを当ててからで、ハードの能力によって評価が別れる面白さもあった。

 今後、こんなOSは出てこないかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 9日 (日)

さらばVAIO

 SONYがパソコン部門の売却をすると言う。

 VAIOが無くなるのかと思うと、ちょっと残念な気がする。
 SONYが作らずに何がVAIOかと。

 505やらC1やら、SONYらしいデザインはビジネスライクに徹したLet's Noteの対極にいた。
 SONYタイマーとかで耐久性には疑問が残ってはいても、持ち歩くと絵になるPCはそうは無い。

 ただ、ここ最近のVAIOはちょっとイケてなかったので、SONYの気合いが入ってない感じがしたのだが、お荷物になってて開発に充分資金が回らなかったのか?

 SONYの映像や音響の制御や加工の中心にVAIOを据えてシステム化していた時もあったが、そう言ったシステムとしての開発をやるのに、やはりOSをWindowsで行くしかなかったのが問題だったか。
 かと言ってOSを一から作るのも難しい。 まさかTRONと組んでとは行けないだろうし。

 SONYが手放したVAIOをどこが最終的に買うのだろう。
 ただ、どこが買ってもレノボがThinkPadを買った時の様にはならないように思う。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 8日 (日)

2020年五輪 東京に決まる

 昨夜の等々力劇場に酔ってさっさと寝てしまい、今日は今日でユースの試合で埼スタまで行ってたので、記事にするのに出遅れたが、2020年の五輪開催が東京に決まったそうだ。

 イスタンブールもマドリードもいい都市だし、東京も問題は抱えているので、下馬評を覆す結果になってもおかしくないと思ったのだけど、ほぼ順当に決まったようだ。
 この快挙があのおっさんの手柄になるのはちょっと腹立たしい所だけど、まぁ嫌なニュースばかりの中でいいニュースになったのは事実だし。

 別にだからどうだと感慨は無いけれど、1964年の前回から夏冬4回の開催はかなり多い方かなと思うけれど、どうなのだろう?

 この決定を受けてと言うわけではないが、国立の改装も始まるし7年の間に色々と変わっていく事だろう。
 これを気に首都高がもっと走りやすくなるとか、地下鉄や首都圏のJRが24時間運行になるとか、羽田と成田の間に直通路線が出来るとか、その辺はやって欲しいところ。
 東京は金持っているから、自前でやってくれればなお良いのだけど。

 さて、どうなるか?

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月21日 (日)

次期政府専用機は777?

 今の747を導入して20年ほどですか。
 あと10年くらいは使えそうな気もするけれど、整備をやってるJALが旅客機から747を全廃したし、ANAも今年度中に残った機体を退役させるそうなので、これ以上は難しいかも?

 後継は777と言う事だが、アシアナの事故はあったものの、長距離をこなす大型機としては各航空会社の主力になっているので、妥当と言えば妥当。
 エアバス選んでアメリカとぎくしゃくするのもアレだし。

 ただ、747と比べて20年後も主力なのかな?と言われると、787からの新技術による世代交代が早くなっている分厳しい気もする。
 その時にはさっさと代替できれば良いのだけれど。

 機数は今回も2機らしい。
 これは増やしても良いのではと思う。
 この5月も陛下の訪欧と安倍ちゃんの出張が重なってたところは、かなりキツかっただろうし。
 777を2機にサブとして787が2機位いると、ローテーションはかなり楽になりそう。
 

 問題は787がまだ安定していない事だろうか。
 日本が関わっている割合の高い機種なので、アピールには丁度良いのだが。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 4日 (木)

何か勘違いしている様な1000円マック

 マクドナルドが、1000円マックを30万個限定で売るのだそうだ。

 クォーターパウンダーをベースに他にトッピングやソースを追加し、綺麗にラッピングして1000円だとか。

 これがモスやフレッシュネスならまだ判るのだが、マックで1000円も払う位なら、他に食べに行く方が満足感は高いと思う。

 モスあたりなら、肉は国産和牛バンズは国産小麦を使用、その他ソースも云々と徹底的にやってきそうだけれど、マックのはメインの肉は何時もと一緒。
 一緒に挟むトッピングも数は多いがどうなんだろう?と。

 完全に迷走してますね。

 いくらアベノミクスでインフレにと言っても、マックでハンバーガーに1000円出す価値はないもの。
 有名な佐世保バーガーを始めとする、料理としてのハンバーガーを出す店なら、1000円払う価値がある料理を出してくれるけれど、マックの場合はまず安さありきで来ているのだから。

 マックが不振なのはこう言う仕掛けが拙くて効果が出ないってところじゃなくて、ファストフードなのに同じ商品で値段が違うとか、店頭で注文するのにメニューがカウンターに無くて選びにくいとか、客の立場から「サービスダウン」ってのが見える所だと思う。
 新商品や限定商品はいるだろうけれど、そればっかりに頼ってたら駄目だろう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 6日 (木)

ツアー旅行で置き去りってのも凄い話しだな…

 阪急交通社のツアーで、イギリス・ヒースローから帰国便に乗る予定の乗客が置き去りにされて、訴えたそうだ。
 テロ警戒で無差別抽出されて、手荷物再検査を受けていたら、飛行機の出発時間に間に合わなかったそうなのだが、先に搭乗していた添乗員から携帯で「頑張って帰って来い」と励まされ?、自腹でその日のホテル代と雇ったガイド代を払わされた訳で。

 まぁ普通に考えれば置き去りにされて激怒しないで済む訳もない。

 これでも、それなりの対応があれば旅行の笑い話と言うかその手の話しになるのだが、阪急は「自己責任無し」と取り合わなかったのが問題。
 言う事は判るんだけど。

 どちらかと言えば、チェックインさせておいて乗せずに出発しちゃった航空会社とか、手荷物の再検査やっておきながら出発時間に間に合わせない空港側の問題の方が大きいけれど、これも現場の添乗員が上手く立ち回れば何とかなった話しで、添乗員も想定外のハプニングでテンパっちゃったんだろうなと思う。

 阪急交通社と言うと、何度か行った先ですれ違った事はあるけれど、とにかくツアーの人数が多い。
 みんな同じツアーバッチを付けているのでそれと判るのだが、この人数を良く引率できるなと。
 使った事は無いけれど、新聞の広告を見ると8日間12都市とか平気で回しているから、忙しいだろうし。

 これは今まで旅行に出ての感想だが、客の質とツアー代金の高さは比例すると思う。
 一流所の看板グレード、要するに高いツアーを選ぶ客は結構鷹揚としていると言うか、ケチケチガツガツと言うところは少ない。
 オプションとかで安いツアーと混合になると、良い席と言うかポジションを一気に占めようとするのは、大抵安いツアー客だったりする。

 この話し、多分JTBとかジャルパックとかの有名所の看板グレードだったら、また別の話になってたんじゃないかとは思う。
 この手の大手はそれなりに経験と能力のあるコンダクターに当たる可能性が高いだけに。

 海外旅行に慣れているなら安く行けるツアーも良いだろうけれど、経験値がそれほどでないのなら、旅行会社とツアーのグレードは選んだ方がいいと思う。
 何カ所回るかより、どれだけ少ない人数でツアー催行するかの方が重要な事だし。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧