旅行・地域

2017年3月25日 (土)

CASIO EXLIM EX-H15 早春の大宮公園を撮ってみた 2

 前回の続き。

 大宮公園には小規模ながら動物園が併設されていたので、撮ってみたのだが、網やガラスが邪魔で思ったように撮れず、あれこれと苦労。
 網にピントが合ってしまって、被写体は完璧にピンぼけ。

Cimg2026

Cimg2027

Cimg2035

Cimg2046

Cimg2047

Cimg2042

Cimg2051

Cimg2055

 当然、メインの目的はこっちなので。
Cimg2068


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月24日 (金)

CASIO EXLIM EX-H15 早春の大宮公園を撮ってみた 1

 記事にしようと思っていながら、一ヶ月寝かせてしまったネタ。
Cimg2008

 開幕戦はアウェー大宮戦だったので、入場待機列の場所取りしてから、暇つぶしにナクスタのある大宮公園に。
 荷物が多かったので、X7のサブにはEX-H15を持って行ったので、こいつで撮ってみた。
 天気が良かったので、割といい感じに撮れたと思う。

Cimg2009

 氷川神社の境内というか、敷地に隣接した形で大宮公園はある。

Cimg2011

Cimg2014

Cimg2016

Cimg2017

Cimg2018

Cimg2022

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月15日 (日)

世田谷ボロ市に行ってみた

 世田谷のボロ市に行ってみた。

 世田谷ボロ市は世田谷~上町の間で12/15・16、1/15・16に開催される。

 近所に住んでいたので以前から知ってはいたものの、週末と開催が中々あわない事もあって縁のないイベントだったのだが、今年は1/15が日曜にあたったので行ってみる事に。
 最近撮るネタが無かったので、Buy buleを持って出たのだが…。

Img_1442

 スタートはここ三軒茶屋。 再開発で生まれ変わったと言って良いほど近代的な感じになったが。

Img_1443

 世田谷線の三軒茶屋駅。 ここも綺麗になって昔の面影は全くない。

Img_1460
Img_1465

 世田谷線の車両もすっかり近代化。 以前乗ったのはいつだっただろう?

Img_1444

 ボロ市の起点は世田谷駅から。 ここから上町までのエリアの道路一杯に露店が並ぶ。

Img_1448

 日曜と言う事もあってか、人ごみに紛れに行ったようなもんで、撮影どころの話しではない。
 買いたいものを探す以前に、露店に近づいてじっくり見る事も出来ない。
 露店によっては撮影禁止と言ってるが、写されて困るもんなら仕舞っておくか看板をかぶせておけよと思うわけだ。

Img_1468

 結局、早々に撤収して帰りにドトールでお茶して、

Img_1469

 帰りに夕焼けの中でちらっと見えた富士山を撮っておしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月12日 (月)

九品仏の紅葉

1481470937699.jpg

 多分今シーズン最後の紅葉。
 これだけ見ると、都内とは思えない。

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月22日 (木)

JALの機内Wi-Fiを使ってみた

 この連休に金沢まで行くのにJALを使ったらWi-Fiサービスのある機体で、15分無料サービスキャンペーン中だったので、試しに使ってみた。

C20160922_jal_wifi
JALのサイトより


 飛行時間が45分程度で、サービス時間が離陸約5分後~着陸5分前位なので、無料時間帯だけで充分だった。

利用手順は

 利用開始でF-01FのWi-Fiをオン
 表示されたアクセスポイント「gogoinflight」を選択
 ブラウザを開いて機内Wi-Fiポータルサイト(http://airborne.gogoinflight.com )を表示
 利用IDとパスワード設定
 認証IDを入力

となる。

 この状況で機内のエンタメ動画は見れるようになる。
 多分これはタダだと思う。 見てないから判らないけれど。
 帰りに「孤独のグルメ」を見ようと思ったが、機内サービスも出来ないくらい揺れてる中で、小さいスマホの画面を見続ける気にならず。

 インターネットに繋いで、スピードを確認。
 下り:6.47Mbps/下り:0.58Mbpsと、メールチェック程度で使うには充分。
 流石に動画は他にも使う人がいたら無理だろうと思う。
 アクセスした場所をチェックしたら、アプリは飛行中の機内ではなく羽田空港の一角をポイントしてたので、いったん衛星にアップリンクしたのをJALの建屋でダウンリンクしてから、外に出している様だ。
 国内線全ての飛行機のサービスがJAL羽田空港建屋を経由するとなると、よっぽど太い回線を使わないと厳しいだろうが、そのあたりはどうなるのだろう。

 それでも機内でネットが繫がるのは便利ではあるけれど、普及したらそのうち「ネットが遅い」とかクレームが出てくるんじゃないかと思うが、どうなるやら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月11日 (火)

「真鍋かをりの世界ひとり旅手帖」読了

 旅日記だった「世界をひとりで歩いてみた」と対をなす本。
 「世界を…」はあっちこっちに行っての紀行文だが、こちらは海外旅行してきた中で得たノウハウやどんな形で旅をしてきたかを披露している。

 正直、この人かなり無茶(笑)
 こんな目茶苦茶な旅の仕方してたら、それはそれで無事に帰ってくれば面白いとは思う。
 仕事柄、海外に行く機会も多かったにしろ、いきなりチケットとホテルをネットで押えて出て行くってのは、よほど好奇心が強くないと。

 そんな思考で得てきたノウハウは正統派な感じだし、割り切りの良さは性格なんだろうと感じる。
 これも旅に出る目的をはっきりさせているからこそ取捨選択がきちんとできる。
 仕事が仕事だから、予定を立てて長期にと言うより、空き時間が出来たらサッと行ってしまう方が多いだろうからあまり目的を盛り込まないのだと思う。

 以前に記事にした吉田さんもそうだが、旅を修行の様に何かを求める求道者な旅人ではなく「面白いから」と楽しむために旅に出ると言う方が、遥かに色々得るものがあるように思える。

 なんにしても「道を極める」のが好きな日本人的な思考でないのは確かだが、趣味なんだから楽しくやってその結果を楽しく披露するからこそ、その話しは面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 5日 (日)

吉田友和著「35歳からの海外旅行<再>入門」読了

 今までも記事にしているが、この人の旅行記が好みに合って良く買っている。

 今回は旅行記ではなく、ハウツー本で以前の「3日あったら海外旅行」「10日あったら世界一周」の様なかなり細かいところとは違って、タイトル通りの入門編。
 昔海外旅行に行ってたけど、このところご無沙汰でまた行ってみようかって層向けの旅に出る意味づけや最新情報なんかを読みやすくまとめている。
 35歳と区切っているけれど、当然もっと上でも通じるものがあるが、年金世代は多分無駄。
 連中は何だかんだで金持ってるし、自分が色々動いて旅に出るよりお任せで充分楽しめるから。

 この手の情報は割とネットなんかで見ているので、この位なら判ってるって項もあるが、情報に触れてない人は参考になると思う。
 この本では無いけれど、昨年シドニーに行ったときは安く行くのに個人でネット手配にするかと調べてた際には、著者の本がかなり参考になった。

 結果として、行く時期にシドニーで何かイベントがあったらしくホテルが高く部屋が不足気味と判り、ホテル代+チケット代とほぼ遜色ないフリープランのツアーがジャルパックにあるのをネットで見つけたので、そっちで行ったけれど。
 それでも、ホテルの詳細情報なんかを検索して、動くのに最適なロケーションや設備がいいところを捜して高めだったけれど、シェラトンを選択していい旅が出来た。
 安くてもロケーションが悪いのは滞在時間が短いだけにコスパが悪いし、目的はパラマタに行ってサッカー見て夜遅い時間に帰ってくる事だから、面倒な乗換無しに行ける事が最重要立ったわけだし。

 短い旅になる故の取捨選択が一番大事だと言うのが判る内容だった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月11日 (水)

川崎市内の移動は結構大変

 今更ながらの川崎市内の移動について。

 地図を見ると判る通り、多摩川にベッタリ張りつく感じで東京と横浜に挟まれている。
 東西に短いので多摩川渡って空いてれば15分掛からずに横浜に抜けてしまう。
 逆に南北には結構長い。
 更に市内を縦貫するルートが何とも細い。
 電車は南武線のみ。
 市営地下鉄の計画が頓挫した現在では代替の計画も今のところ無いらしい。
 東急が田園都市線~東横線の間を繋いでくれると良いのだが、大井町線は自由ヶ丘で連絡だし。

 道路にしても、首都高神奈川線に繫がる様な路線は無い。
 北部~南部を縦貫するのは尻手黒川道路か府中街道になるが、こちらも全線片側2車線ならまだ使えるけれど、片側1車線もかなりの割合になる。
 道幅が広くない事もあって、渋滞するとすり抜けもままならない。
 中部の高津・宮前あたりからJR川崎駅方面に出るなら、R246で多摩川渡って環八を南下しR1で再び多摩川を渡る方が距離は長くなるがストレスは減るかもしれない。

 こんな一面があるので、川崎市の中心街となると南部のJR川崎駅近辺、中部の溝ノ口、北部の新百合ケ丘と3つに別れる。
 規模的には市役所とかの施設のある川崎駅近辺が一番大きいけど、敢えて行く要件が無ければ他でもいいし、JR・東急・小田急と鉄道も別れるし南武線は新百合ケ丘は繫がっていないので、南北に移動する位なら渋谷や新宿・横浜に出た方が面倒が無い。

 東京・横浜方面に即出られる路線沿いだと結構便利な街だけど、市内で用事を済ませようとすると他の政令指定都市と遜色は無いものの、不便な点もあるので巨大な東京・横浜に依存する事になるのが川崎の弱点かなと思う。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月19日 (月)

「LCCで行く!アジア新自由旅行」読了

 以前に記事にした「10日もあれば世界一周」読了と同じ筆者のこちらは文庫本。

 この前のエア・アジアの墜落事故が生々しい時期ではあったけれど、北海道・新千歳空港出発のピーチ・エアから、台湾・ベトナム・フィリピン・シンガポールを経てインドネシアのバリまでの旅行記。
 ちなみに帰りはマレーシアのクアラウンプールを経由してエア・アジアで帰ると、最後までLCCで通している。
 掛かった運賃は3万5千円…下手すると、いや下手しなくても羽田~新千歳や福岡の往復運賃の方が高い。
 東南アジアを回るなら、LCCは最適なのかもしれない。
 ただこの前の墜落事故の様な事が起きると、ちょっと二の足を踏んでしまう。
 原因はLCCだからと言う訳ではないと思うけれど、早く原因究明してほしいもの。

 この筆者の場合、旅は行った先で楽しむ事も大事だが、どう行くか知恵を絞るのも楽しみにしている風が良い。
 そしてアクシデントも旅のエッセンスとして楽しむポジティブさも持ち合わせているところはうらやましい限り。

 LCCを駆使して旅するのに、ネットとアクセスするスマホとかのツールは必須の様で、そう言ったデジタルツールを駆使して旅する人を「フラッシュパッカー」と称されるとか。
 筆者もしっかりiPhoneを駆使。 
 そして各国で通信するのにSIMカードの買い方とかもレクチャーしてくれているが、確かに国際ローミングなんてやったら旅行代金より高くつく。 一カ国ならモバイルルーターを成田でレンタルってのもありだけど、周遊型になるとやはり高くつく。
 物価の安い東南アジアだと、短期間使い放題のSIMカードは恐ろしく安い。
 ナノカードにもしっかり対応してくれる様だし。

 趣味を仕事にするって事は何かと大変だと思うけれど、楽しく仕事ができるのも悪くないなと。

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 8日 (土)

のぞみ 700系列 最新と最初期と

 久々に大阪まで日帰り出張。

 特に時間に厳しい出張ではなかったので、例によって大阪止まり/大阪始発ののぞみで窓際最前列を予約。
 今は700系列だけなので電源の問題はないけれど、一人一つづつ使える最前列なら気兼ねなく使いまくれる。

 品川駅で何の気なしに入ってきた予約の列車をみたら、側面に「A」がある。
 あ、これがアドバンスってやつかと。 
 こんな最新鋭を東京-大阪なんて「近距離」で使うのかと、ちょっと驚く。
 それとも基本が東京-大阪で、イレギュラーで西日本管内まで行くとか、何か規則性があるのだろうか。

 そして帰り。
 大阪始発なので、早めにホームに上がって待っていると、入ってきたのは何やら古そうな感じ。

 700系。 それもかなり初期型だと気づいたのは、座席に座ってから。

 
 Dsc_0149

 走り出してから撮ったので、振動でブレた(笑)
 電源コンセントは前後の壁に左右一個づつなんだよね。 初期型って。

 振動で古いのかなぁと思いながらも、行きのアドバンスはテーブルに置いたサーモス…落として底がちょっと歪んでる…がビビり音がうるさく。
 周波数が違うんだろうなと思うけれど。

 そして意外だったのが

Ccimg4842

 新大阪発三島行きのこだま。
 三島ってところが、なんか中途半端感がある。
 終電間近だからの行き先なんだと思うけれど。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧