日記・コラム・つぶやき

2019年10月24日 (木)

伊丹空港門限破り未遂に行き合う

 日帰りの大阪遠征、帰りはJALの最終便を予約。

 万博からはモノレール一本だけど、スタジアムから駅にたどり着くまでが時間がかかるもんで、かなり余裕を持ったスケジュールで移動。

 意外に楽に空港に到着できたものの、チェックインカウンターを探してウロウロしたり…一階へのルートが分かりづらいのはどうにかしてほしい。

 チェックインを済ませ、昼をしっかり食べてなかったので、同じく一階にあったくくるで小腹を満たす。

Img_8091_20191023234001

 その後はカードで入れるラウンジでまったり時間を使って

Dsc_3805

 手荷物検査を抜けて搭乗ゲートへ。

 余裕を持って行ったのだが、飛行機の到着が遅れているらしい。

Img_8094_20191023234401

 20時20分出発が20時30分搭乗開始って時点で(-_-)

 この時点では門限で出発NGとは思ってなかった。

 最終便はお客が多いから777を割り当ててるくらいなんで、待合ロビーは結構な人数がいる。

 優先搭乗から始まったものの、ほんとに大丈夫か?という位待ち行列が捌けていかない様に思える。

 機内準備も必要最低限だったらしく、全座席に配るイヤホンは入り口前に置かれたかごと入ったところに立ったCAさんが持ったかごから「ご自由にお持ちください」モード。

 余計にもらうようなもんでもないので、一個いただき中へ。

 搭乗が結構後ろの方だったので、トランクは満杯。まごついてると迷惑になるので、中身が軽い事を理由に他人のバッグの上に放り込んで格納終了。

 席についてベルトを締めるとほとんど待つことなくドアクローズ。

 この時点でタイムアップ5分前。

 トーイングカーによるプッシュバックこそいつもと変わらなかったものの、誘導路に入ってからの速い事。

 前に誰もいないから飛ばす。誘導路って制限速度無いんだろうか?

 急いで移動している横でタイムアップ前に滑り込んでくる機体が。

 あちらもヒヤヒヤものだっただろう。

 誘導路を走りきり滑走路に入るターンで1分前。

 そして出発位置に着いた時点で21時のタイムアップを迎え、これ終わった?と思った瞬間にエンジン全開で滑走開始。

 走り出したら止まらないぜって感じで逃げるように離陸。

 ひょっとして管制官はアディショナルタイムを取ってくれたんだろうか?

 出発が遅れたものの、空路はスムーズで予定通り45分で羽田に着陸。

 到着が遅れたものの、電車の終電には十分余裕があったので無事帰宅。

 後でググったら、門限のある空港の中でも伊丹は運用が厳格な空港だったと。

 実際に欠航にされたって記事も見たし。

 この場合、ホテルの保証とかは無さそうだから空港ロビーで雑魚寝コースだったかもしれない。

 それはそれでいい経験になりそうだが。

| | コメント (0)

2019年10月20日 (日)

今更ながら感じた空の旅

今回の大阪遠征は羽田から飛行機を利用。

前回乗ったのが金沢遠征のときだから、もう3年位飛行機にはご無沙汰状態だった訳で。

3年前は機内Wi-Fiのサービスが始まったばかりで無料キャンペーン中だったが、今回はもう普通に無料Wi-Fiが使えるようになっていた。

ただ、機内エンタメを楽しむには予めソフトのインストールがいるとかで、しかもソフトのダウンロードは機内Wi-Fiからはできないという、それならそうと言ってくれよな状況。

それでも試しにYouTubeで動画再生してみたら、ストレスなく再生できたのでそれだけでもかなり違う。

そして、行きの767には電源がついてた!

この手の設備って、最近やるようになった気がする。

こんなものがあるとは思わなかったが、今回1mのUSBケーブルを持っていったら大活躍。

搭乗待ちのフロアに並んだ椅子にはUSBと普通のコンセントがついたポールがあったので、待ち時間にずっとスマホに充電ができたし、期待してなかった機内でも充電できたので、伊丹に着いた時にはほぼ満充電。

帰りの伊丹空港の搭乗待ちでも普通に電源はあったし、テーブル席にも付いてたのでこれは便利だった。(その代わり売店で小腹を満たせそうなもののたぐいは売り切れだったが…)

ただし、羽田行きの777はかなり古い機体が割り当てられたのか、座席に電源がない\(^o^)/

機内でも充電するつもりでいたのにあてが外れた。おまけに機内Wi-Fiも乗客数が多いせいもあるのか、接続はするものの全くと言っていいほど動かないのにはまいった(笑)

文庫本は持ち込んでたものの、暗い中で読む気力もなく、着陸までの45分間はただボーッとしてただけだった気がする。

次に乗るときははたしてどんな装備が付いているのだろう。

それ以前にA350に当たればいいなと。

Dsc_3791

| | コメント (0)

2019年8月 8日 (木)

夏の空

Dsc_3721

 ふと目についたのでスマホで撮影。

ただ、スマホからだと画像が貼り付けられないのは何故だろう?


| | コメント (0)

2019年2月23日 (土)

今更ながら LED電球を導入

 今更って感じは半端ないが、LED電球を導入した。

 廊下は3個の電球を使っているのだが、玄関のオートライトがあるのであまり使っていないこともあって、玄関の電球が切れたら廊下から移植とやっている感じで、あまり必要性は感じてなかったのだ。

 流石に共食いで1個のみとなると、普段使わないと言っても使うときに困る。
 それで新規に電球を買うのに、いい機会だから玄関のオートライトをLED化して交換した電球を廊下に使うというか戻すことに。

 で、買いにビックカメラに行ったら、アイリスオーヤマ製がかなり安い。
 だが、安いLED電球はいい話を聞かないので、もう少し高い東芝製に。
 そして、一個売りだけかと思ったら2個売りもあったので、思い切ってこちらを購入。
 玄関の次に使用頻度が高い洗面所の電球を交換することにした。
 浮いた電球は予備ってことでしまい込む。

 LED電球にも色々種類があって、色も白色・黄色に電球色とあったが、馴染みの色合いがいいだろうと電球色を選択。
 明るさは電球と同じ60w相当にしたが、これは洗面所にはやや強すぎた。
 広範囲を照らすタイプにしたのだが、洗面所のライトは反射板的形状なので、本来散る光がここで反射されて下に向かう分明るさが増したらしい。
 玄関はスポット的に電球取り付け位置が深くなっているのでそれほどでもなく。
 こういうのは使ってみないとわからない。

 問題は寿命が長いLED電球なので、次の交換時期まで異様に長くなるだろうと言うことか。
 普通の電球だって今のは寿命が長いのに。

 次はトイレか浴室のやつだな。
 リビングの丸形蛍光灯も代替したいところだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月10日 (日)

どうなる?T-POINT

 ドトールでT-POINTの扱いをやめる店内に告知されていた。
 ファミマもやめるらしい。

 昔からの流れと言うか、TUTAYAでDVDやCDを借りる際の会員証兼クレジットカードを作っていたので、使えるところではカードを出してT-POINTは貯めていたのだが、ドトールがやめるとなると使う機会が一気に減りそうである。
 ファミマは元から近くに店舗がなくセブンオンリーになるので使ってないし、TUTAYAもどんどん店舗を減らしているんで利用機会が全く無い。
 駅前に揃ってないと、わざわざ途中下車してまで寄らないし。
 そんな状況で今ひとつポイントが貯まらない状況ではあるのだが、たまにはポイントでコーヒー位は飲むことはできた。

 あとはたまに行く吉野家とガソリン給油するときのエネオス位しか無いんだが。
 docomoのd-pointもまだまだ拡張途中だし、この手のポイントサービスはどうなっていくのやら。
 楽天は意外と使う機会がありそうだけど、ヴィッセルでの無駄使いの原資にされるのかと思うと今ひとつ使う気にならないし。

 ドトールはT-POINTと手を切って、次はどこと結ぶのだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月25日 (金)

2019年電車の旅

 ちょっと用があって東急田園都市線〜地下鉄半蔵門線〜東武伊勢崎線をずっと乗っていく旅に。
 途中駅からで中央林間始発ではなかったが、久喜行き急行にのって2時間。
 途中から急行に乗ったので、残念ながら座れたのは渋谷を過ぎてから。
 休日の朝だろうが混んでる田園都市線は絶対におかしい。
 各駅ならだいぶ余裕があるのは判っているけれど、急行の存在意義はどこにあるのだ。

 JRならボックスシート車が走っててもおかしくない走行キロ数だけど、過酷な乗車率を誇る首都圏の私鉄にそんな贅沢品は無い。
 ロングシートの横座りで移動するなら、100キロ程度が限界かもしれない。
 ロングシートでもドア横の仕切りが使える特等席が確保できればかなり耐えられる。
 それも進行方向後ろ側。
 加速時に半身でよりかかれるので、割と安心して寝れる。
 シートの間に仕切りをもっと増やせと思うのだが。
 それと新型車両になるほど、シートのクッションが薄くなるのもどうにかしてほしい。
 軽量化を図っているんだろうが、どうせ数駅で降りる客ばっかりだろって見切ってるのが透けて見える。
 路線をまたいで長距離乗る客のことを考えないんなら、ハナから相互乗り入れすんじゃないと思う訳だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月24日 (木)

東急線の車内Wi-Fiサービス


 この前、朝の通勤時間帯に田園都市線に乗って、ふとドアの脇の狭いスペースを見たら、Wi-Fiのステッカーがはられているのを発見。
 「宣伝にしては地味だけど」と思ったところで、「もしや」と思いスマホのWi-Fiをオン。
 docomoのアクセスポイントに無事接続。
 ほんの二駅ほどではあったけれど、Wi-Fiでの通信を満喫。
 まだ利用者が少ないせいか、上り下りともかなり高速で通信出来たので、比較的重いインスタもサクサク画像が開いてくれました。

 このサービス、東急全線でやってる訳ではなさそうで、新型車両が最初に走る田園都市線だけなのかもしれない。
 相互乗り入れしている東武の車両ではまずなさそうだし。
 大井町線や多摩川線には回ってこない可能性はかなり高い気がする。

 よく考えてみれば飛行機だってサービスしてるんだし、通勤電車でもありか。
 ただ、新幹線のWi-Fiサービスも使ってみたら、みんな一斉にアクセスしたせいか全く使い物にならなかったのを経験しているので、新幹線の非じゃない人数が乗ってくる通勤電車だと、広く知られた時がサービスの終わりかもしれない。
 相互乗り入れで2時間くらい乗る客もいるんだから、これくらいのサービスはやってくれてもと思うのだが、1編成で相当太い帯域を確保出来ないとクレームばっかりのサービスになりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月16日 (水)

REGALのシューレースを交換

 ずっと履いているREGALのシューレースが切れかけているのを見つけて、切れる前に交換。

 交換は2回目になるが、もう一足の革靴はそんなこともなく、買った時のシューレースがそのまま使えている。
 前はどこかで引っかけて切れ目が入ったのかと思ったが、今回の状況を見ると引っかけたというより、すり切れてしまった様だ。

 交換する時に靴を見てみると、REGLは靴穴の部分の裏がリングを打ち込んで補強されていた。
 もう一方はそんなものはなく、単に革に穴をあけているだけ。
 シューレースを通す部分は厚い革なので、ここが引っ張られても穴が大きくなったりとかは無いと思うのだが、壊れるなら交換しやすいシューレースの方にって、耐久性も考えているのがお値段って事だろう。
 帰宅時にウォーキングするから強めに結ぶのも影響していたのかもしれないし。

 こういう部分の耐久性をもたせるのは良いが、できれば靴底もそれなりに耐磨耗性を上げてほしいところ。
 交換で1万はするからね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月25日 (火)

さよならダイスキン

1545691837547.jpg

 2019年用の手帳。
 ダイスキンが無くなったので、次の手帳は悩んだものの、システム手帳は荷物のライトサイジング化の中で今回は見送り。
 やはりダイスキンを二年使って、その軽さは捨てがたい事藻あり、手帳から選ぶ事に。

 よく言われる「ほぼ日」も考えてはみたものの、解説してるサイトとか見てると「こりゃ哲学持ってる人しか使えないわ」と結論。

 普通の手帳から今回は高橋書店を選択。
 月間スケジュールは1頁/月、週間は左1頁で右頁はメモのタイプ。
 12月から使い始めたが、悪くはない。 
 ビニール製のペンホルダーはぎり三色FRIXIONが使えるし、ダイスキンでは省かれたしおりも二本ある。
 欲を言えば、あまり使わないメモやアドレスの部分は削って貰っても良かったかもしれない。

 とりあえず一年よろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月21日 (水)

防寒着としてのネクタイ

 ビジネスカジュアルして良いよと言われてたので、ネクタイ無しでいたのだが、このところの冷え込みが、例年より何故か強く感じる。

 何でだろ?と考えて気づく。
 首筋が冷えるなと。

 原因は「ネクタイが無い」以外に無く、試しに今朝は巻いて出たら、首筋がそれなりに保温されてる感覚がある。

 面倒は有るけれど、コートやマフラーを使う様になるまではネクタイ使うかなと。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧