経済・政治・国際

2016年10月12日 (水)

富士通とレノボがPCで提携 さらばFMV?

 富士通とレノボがPCで提携するとか。

 以前に東芝とVAIOと提携と言う話があって、いくら何でもクセの強い所と組んでもと思っていたが、Thinkpadの流れを汲む…直系とは言わない…レノボなら、意外と愛想な予感。

 ただ、実質的にはレノボにPC部門を売るようなものだから、FMVの系譜はここまでとなりそう。

 townsでPC初めて、LOOXを楽しんだ身としては寂しいものだが、LOOXが無くなった時点でF製PCとは終わりだったのかもしれない。

 ∞マークの付いたthinkpadモドキは使う気にならないし。

 でもキレ味の良いトラックポイントが付いてたら、230cs使いだった過去が 案外買ってしまうかも知れないと思ったりもする。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 8日 (土)

ホンダとヤマハが50ccで提携

 ホンダとヤマハが50ccの生産で提携すると言うニュース。
 ついにこんな事態になったかと言うのが、HY戦争をリアルに見ていた身には感じる。

 HY戦争は文字通りホンダとヤマハの全面戦争で、各カテゴリーで火花を散らした戦争だったが、もっとも過激な戦線だったのが原付スクーターだった。
 定価なんてあってないような乱売で3台買ったら1台タダとか、エンジン駆動系からフレームが共通で外装で変化をつけた作りもそれなりなモデルばっかりだったとは言え、無茶もいいところな事をやってた訳で。
 体力が厳しかったヤマハが敗北したけれど、ホンダもかなりの深手を負った、勝者無き戦争だった。
 あれが無かったら、国内の二輪界はまた別の道を行った可能性は高い。

 今回はホンダがヤマハにOEMで製品を提供すると言う。
 ヤマハは生産リスクを負わずに済み、ホンダは熊本工場の生産効率を上げられると、両者にメリットはあるものの、これが効くのはシロモノ化してる原付だから。
 流石にこれより上だとメーカーとしての個性に係わる問題なので、そこまでは踏み込まないだろう。
 そこまで行くなら二輪業界から足を洗うだろうから。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 2日 (月)

海保が公開している工作船を見た

 みなとみらいでVF-25ヴァルキリーの格納庫を見てきたついでに、海保が公開している北の工作船の残骸を見てきた。
 別に狙った訳でなく、みなとみらいからブラブラしてて赤レンガ倉庫あたりまで行った時に、停泊している巡視艇「きりしま」を撮った横の建屋で公開してたので、無料と言う事もあって見てきた。

 ちなみに撮影で使ったのは「レンズキャップ」
 標準の18-55mmズームを使ったが、これも中々使い勝手がいい。

 赤レンガ倉庫脇に停泊している「きりしま」
Mimg_0482

 ちょっと奥まったところにあるプレハブの様な建屋に入ると、真正面にそれはいた。

Mimg_0488

 爆発して沈んでたのを引き上げただけに、船体はかなり錆びている。
 意外と船首は絞られていて、これならスピード出るよなと思わされるし、漁船じゃないわ。

Mimg_0489

Mimg_0490

 船内に残された小火器。 AKは74なんだ。
 あそこのイメージだとてっきり47じゃないかと思っていたのだが、貧乏な割りには新しいものを使う様だ。
 そして定番のRPG7もありと、潜入任務に使う割りにはお里が知れるものばかり。
 それ以前に波の荒い外洋で、無誘導のRPGなんか撃って当たるのか?
 当たってれば巡視船の方が沈んでただろうけど、そうなってないって事はそう言う事。

Mimg_0491

 工作船でなきゃこんなものは必要無い装備である、船尾の格納ハッチから覗いた格納庫。
 ここに潜水艇やら何やらを格納して、潜入や秘密工作に使うと。

Mimg_0493

 多分、普段は船室に格納されてて、いざというときに引っ張りだされる14.5mmらしい対空機関銃。
 これが出てきた段階で、もはや秘匿される存在ではなくなる。
 この原始的な蜂の巣みたいな照準器で、巡視艇のコンピュータ制御の20mmと撃ち合うってのも勇気があると言うか、無謀と言うか…。

 お暇なら一度見に行くのもありかと。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月14日 (火)

民主 代表戦終わる

 やっと?騒がしいだけの民主の代表戦が終わった。

 結果はイラ管の圧勝と言う事になっている。
 が、面白いのは党員・サポータークラスこそイラ管の圧勝なのだが、地方議員ではそこそこ、国会議員では数人位の差でしかないと言う事。
 身近な国会議員でこの程度の差と言う事は、オザーさんの怖さが身に沁みている連中が多かったのかそれともイラ管の馬鹿さ加減に呆れているのかのどちらかではないかと。

 この結果だと、イラ管もオザーさんを一方的に切れば党が割れる覚悟をしなきゃならないし、かと言って要職をオザーさん一派に割り振って手打ちすれば身内が離れていく危険もあると。

 なんと言うか、どんな戦後処理を図るのか、面白い事はまだ続きそうだ。

 役立たずの伝書鳩も悪さしそうだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月31日 (火)

面白い事になりましたなぁ

 民主党の代表選がイラ管・オザーさんの一騎討ちと言う形になった。
 このままシャンシャンとオザーさんが引いた形でイラ管の無選挙選出になるかとも思ったが、イラ管にしてもオザーさんにしても、子分の不満分子を押さえ込めない事態にもなりかねないなと。

 問題はガチでやり合うか?と言う点。
 オザーさんが適当にイラ管に勝ちを譲って、その代わりに内閣改造と党人事でオザーさんと対決姿勢を取ってる仙谷と枝野の首切って、主要閣僚や党役職にオザーさんの子分を据える事になるでしょうな。
 「挙党体勢」ならオザー一派を除外する理由はありませんので。

 さて、どんな事になりますやら。

 ガチにやったらどっちもただで済まないと言う認識はあるんだろうし、勝っても党内が安定する保証は相手を放り出す以外には得られない訳だし。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年8月13日 (金)

円高進む

 円高がまた進んできたようだ。
 ドルが全般的に安くなり、欧州ではユーロが不安定と言う事で円が買われている様で、決して日本の経済力が向上したからと言う訳でないのがなんとも痛い。
 なんせ輸出が軒並み打撃を受けるのに、内需は低空飛行でデフレ真っ盛り。
 これでは円高のメリットよりデメリットの方が大きくなっても仕方がない。
 輸入品が安くなると言っても、入ってくるのは安い原材料だからそれほどメリットが上がらないのに対し、輸出品は高額商品が多いから、円高で利益の目減りが大きくなる。
 問題はすべての通貨に対してドルが安い訳でないと言うところか。
 総じて安くなるようなら、欧州あたりと協調介入と言う手もある…手があるのとそれが出来るかは別問題として…が、一国だけで介入してもさっさと買われるだけに終わる。
 単に介入するだけではどうしようもないなら、他の手を考えなければならないのだが、どうもその辺を考えている節が全く無いのが今のイラ管政権なんだな(--;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月13日 (火)

参院選 民主惨敗に終わる

  最も惨敗と言うけれど、今回の選挙の達成目標はなんだったのか?と言う点によって話が変わるのだけど。

 議席数は目標といわれた数に届かず、自民とみんなの党に持って行かれたのだが、総投票数自体はそう悪くもない数字が出ている様で、一応ガチな支持者はブレなかった様だが、今回はそこに上乗せする浮動票が逃げて一人区で自民にことごとく負けたのが死に票に繋がったのかもしれない。

 二人区も二人共当選が二カ所だけと言う事だが、一人だけしか立候補してなかったら当選確実だったかと言うと、他に票が回っていた可能性もあるし。

 これで、昨年来のねじれ現象が再現したわけだが、本当に民主ってブーメランが好きな所だわ。
 自分らが散々ねじれを利用して嫌がらせしてたのが、今度は自分たちに帰ってくるのだから。

 問題は自民党に民主並の嫌がらせをやる気があるか?なんだけど。
 強く押せば、麻生さんほどイラ管の耐性は強くないから、案外早く衆院選って事になるかもしれん(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 4日 (金)

次期総理決まる

大方の予想通り、次期総理は「イラ管」こと管さんに決まった。

他に誰がいる?と言うくらい人材難な民主でおざーさんが関与しなけりゃ、当然の人事。
「総理の椅子のたらい回し」を散々批判してた民主党らしく、またもブーメランが帰って来てしまった訳だが。

本人も次は自分って気持ちがあったのか、失言大好きなのに沈黙を守ってちょっと不気味ではあったが、普天間に首を突っこまなかったのは賢明だったかもしれない。

さて、前任者が野党時代に投げまくったブーメランが次々と刺さり、ばら蒔いた地雷を盛大に踏み抜きながら進んできた訳だが、果たして「イラ管」はどの位ブーメランと地雷を避けられるのだろうか?ある意味楽しみではある。

どうせ前任者同様に盛大にブーメランを喰らい、地雷を踏み続ける人生になるだろうが。

まずはどの位居眠りが我慢できるかを生暖かく見守る事にしよう(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月24日 (月)

普天間決着?

 やっと?この問題が片づきそうだ。

 なんだかんだと言いながら、結局自民党政権下で策定された辺野古となった。
 県外だ国外だと大騒ぎして期待した結果がこれだから地元は猛反発らしいが、では何処に持っていく?と言われると、どこにも持っていけない訳で。

 どうせ海兵隊はずっといる訳でないだろうから、キリのいいところで出て言ってもらうのを待つのも一手だと思うけど。
 それに跡地は自衛隊が入って基地を維持しなければ、国防の穴が空くので、変なところに移設されても困る。

 こんなの「自民党政権が決めちゃった事なんで」と知らん顔して計画通りにゴーサイン出しておけば、こんな大問題にならなかっただろうに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月28日 (火)

5つの約束

 なんか昔の歌謡曲のタイトルみたいだが…民主党のマニフェストなんですと。

 正直なところ、これやったときの財源はなんだ?と。
 徹底的に無駄を失くすだの、埋蔵金を使うだのと言っているが、まず「無駄」はなんだと言う所がまるで判らない。 無駄なのかなんかあったときの為の余裕なのかちゃんと見極めが付けられる人間が居るのだろうか?
 埋蔵金に至っては、いつまでも枯れない泉の如く沸きだすものと思ってないだろうか?
 埋蔵金と言われているものは、予定外の事象が合った時に持ち出す余剰金だろ? そんなものが未来永劫有るとは思えないし、いわば伝家の宝刀みたいなもので一回抜いたらひっこみがつかない性質な金なんだから、今の政府がやっているようなカンフル剤的な使い方が一番なのだが。
 それに、まさかとは思うが外貨準備高に手をつけようって考えているんじゃないだろうな?
 あれは今は積み上がっているだけだが、未来に利益を持ってきてくれる投資に回される大事な元手なのだ。
 元手を喰っちまったら、未来に受け取るべき利益が無くなるのだから、今子供手当を貰おうかって連中が喰うに困る可能性大だ。
 そこまでして金ばら蒔く必要がどこにあるのだろう?
 社会保証やら何やら直接金が取れない所に回さずに、直接金が貰えた方がうれしい層向けなんだろうな。

 ひょっとして日本国籍を持っていないお友達向け?

 このマニフェスト、総理辞めたら後はシラネなポッポらしい無責任さが見えて思わず目眩がする…

| | コメント (0) | トラックバック (0)