2019年12月27日 (金)

アルテ トラブる^_^;

 だいぶ前になるが、アルテのエンジンが不調に。

 いきなり回転不良に陥って、回転を上げてもパワーがないので、多分点火系だろうと当たりをつけた。

 燃料系なら1気筒だけ死ぬってのは、インジェクターが燃料を吹かないにしても直噴でない3Sだとちょっと考えにくい。

 自宅に帰ってディーラーに修理の予約をいれて、その際に状況を話しておいた。

 持ち込んで調べたところ、やはり点火系。

 2番のイグニッションコイルが死んでたらしい。

 修理は交換以外になしとなったが、微妙に旧車に入る我がアルテだけあって部品のストックがトヨタ本社にしかないと言われる…。

 結構3Sの搭載車はあったはずだが、長寿のユニットなもんで車種ごとに微妙に仕様が異なる事もあって、それほど出回ってるわけでもないらしい。

 困ったもんだ。

 ここで問題。

 死んだ一本だけ替えるか、全部交換にするか。

 一本だけ替えるほうが当然安くつく。技術料は変わらんだろうけど。

 ただ、新車のときから交換せずに来ている上に同一ロットの他のイグニッションコイルも寿命は近いわけで、トラブったたびにディーラーに持ち込んで修理はいいとしても、そのときにパーツはあるのか?となると誰も保証はしてくれない。

 自分がその立場なら力いっぱい首を横に振る用意はできている。

 そんなこんなで、結局4本全取っ替え。

 3Sが4気筒で良かったと思える瞬間だった。AS にしないでよかった。


 交換後は自分でも驚くくらい回転が安定してフケもいい。

 即死とはいうものの、不調はかなり前から出ていた様なので気づかなかったのはちょっと後悔。


 今回はパーツに問題がない部分での故障となったが、90年代の車は壊れなくなったものの、その信頼性は電子部品が負っているとなると、この先ちょっと怖い。

 電子化に走った時代の旧車って、それ以前の機械がすべての時代の旧車より生き残るのが厳しいのかもしれない。

 機械なんて口金のサイズがあえばいいのさと笑ってた、マッコイ爺さんも最近の機械は笑えんだろうな。


| | コメント (0)

2018年10月 9日 (火)

ルート51を行く

 アウェイ鹿島戦の参戦に鹿島まで。
 関東でも有数の「車がなきゃ行くのが辛いスタジアム」なので、いつものようにアルテッツァの出番。

 当初は高速料金節約で、往復共下道でと思ったが、行きは開門時間に着くか怪しくなったので、葛西から東関道。
 首都高1,300円を節約出来たと喜んでたら、何時もの公式駐車場に入れてもらえず、高い民間に入れる羽目に(つд`)

 酷暑の中、13時キックオフなんて鬼畜な設定だったせいで、15時半には出発出来るから、帰りは下道でとナビをセットしたものの、カシマスタジアム名物の帰り渋滞で駐車場から出るのも一苦労。

 駐車場から出ても51号線の渋滞に巻き込まれ。
 潮来インターまでの渋滞は何時もの事だが、普段のナイター帰りより夕方はもっと酷かった…。

 利根川渡って流れるようになったと思いきや、連休中のせいか?ちょこちょこと渋滞に捕まる。
 地方の幹線だけに、下手に脇にそれたらどこに出るか判ったもんじゃないので、渋滞に延々と付き合う。

 成田を過ぎて酒々井辺りで2時間を回ったので、沿線のマックでネットをチェックしながら休息。
 気合いを入れ直して再び51号線を西に向かう。
 千葉市を抜け、銀座あたりからぐるっと回って246に入り、後は一本。
 都内もそれなりに混んではいたけれど、22時半過ぎに帰着。
 高速料金約4,000円を移動時間5時間で代替えって、コスパ的にどうだったかは考えたくないな。


 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月14日 (木)

タコメーターの必要性?


 ネットで車のタコメーターの必要性についての記事を読んだ。

 個人的には、「ATとハイブリッドは不要。MTは有れば便利」といったところ。

 ATはオーバーレブしないように制御されてるし、ハイブリッドは頻繁にエンジン止まるんだから、有ったらかえって邪魔だろう。

 我がアルテッツァはMTなので、便利に使ってる。
 使うのはやはりシフトチェンジの時。
 別にリミット近くまで回しててそこからシフトダウンなんて事はしない。
 どちらかと言えば、シフトアップの時にドロップした回転が、まともに反応する2000回転以上になるかの判断で見てる。
 アルテッツァの場合、6速MTなのに2~3速間のステップ比が大きいので、坂道の多い自宅周辺…当然低速走行…で3速で失速しない程度の回転を保つのに使う。
 ずっと乗ってるんだから、音や感覚で出来るだろ?と言われそうだが、目の前にパッと見出来る計器があるんだから、使えばいいってだけの事。

 最近はタコメーターだけでなく、水温計なんかも警告灯になってる様だが、速度計と燃料計だけで後は警告灯だけのメーターパネルというのも寂しい気がする。
 別に松本御大の描く宇宙船の室内みたいでなくてもいいが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月26日 (月)

アルテッツァ 70,000㎞

 昨日、磐田戦にアルテッツァで参戦、帰りの東名高速上で走行距離が70,000㎞に。

 帰りでちょうど御殿場JCTの所でオドメーターは70,000を差していた。

 98年11月登録の最初期のロットなので、20年以上掛かった事になる。

 途中大阪赴任で殆ど走れなかった時期もあったし、最近はサッカー観戦がメインで車で遠出するのは、中距離アウェイ位なものだから、距離は伸びない。
 車自体いるのか?って言われそうではあるが、無ければ困るシーンも有るので、まだまだアルテッツァを所有していく事になりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月21日 (日)

セダンの落日

 アルテッツァの定期点検でディーラーに行ってきた。

 いつもの「そろそろ買い換えはいかがでしょう?(^。^)」「まぁ考えておきます(^^ゞ」の定例挨拶の後、「今度ネッツでもセダンを扱う事になったんですよ。」の一言。

 ん?と思って詳しく聞くと、国際戦略車をネッツ系列でも売る事になったのだと。
 
 「それって?」
 「カムリって呼ばれてますね」
 「そっか」
 
 この時点で少々興味が薄れる。

 「なんせクラウンより大きいんですよ。 ゴルフバック4つ入りますし。」

 ここで完全に興味を失う。
 ゴルフクラブ4つ入ろうが、ゴルフ場への送迎を生業にしている訳で無し、それだけのトランク容量が必要なら素直にワゴンを買う。

 セダンの超不人気から、商品構成を見直しているらしいが、その煽りを喰ってマークXは販売中止になるとも聞く。
 仕方がないとは言え、トヨタですらまともなセダンが大型のカムリがボトムとなるのは、寂しいものがある。
 別にFRにこだわるわけではないけれど、あのサイズでFFは無いよなと。
 「FRみたいに後輪を制御してるんですよ」とはセールスさんの言。
 それって「ベジタリアン向けに肉料理モドキを作りました」ってのと差はない。

 一時期雑誌当たりで言われてた、「ハチロクの4ドア版」ってのは、この状況だと雑誌の幻想に過ぎなかったと。

Carlineup_markx_top_pic_02_01_pc

 マークXの画像はトヨタのWebサイトから借用。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 5日 (日)

妥協だらけのクルマ選び

 ヴィッツのhハイブリッドのCMを見たので、それに絡めて。

 このクルマが出そうだという頃、たまたまアルテの定期点検でディーラーに行ったと思ってほしい。

 点検が終わるのを待っているときに担当の営業さんから、新型のEye's Onlyなタブレットを見せてもらい「現行のヴィッツ勉強できます」のお言葉と試乗車を一人乗り回しの機会を頂く。

 正直CVTはつまらんし、せめて普通のATならと思いながら乗ってみる。
 通常のモードの右側にSモード、その下にBモードなるモードがあったので試してみると、Sはちょっとスポーティにエンジンブレーキも少し効くモード、Bモードは下り坂でエンジンブレーキを強力に使いたいときのモードだとわかる。
 逆に考えるとBモードってギア比をエンジンブレーキを使うために低く抑えている訳で、そのままスロットル開いたらエンジン回転高く保って加速できるんじゃね?と思いつく。
 わりとあたりだったので、楽しもうと思えば3段変速と使えそうな予感はあった。

 で、考えてみる。

 動力性能
 6MTに未練はあまりないが、小排気量+CVTはストレスになりそうな予感はする。
 とはいえ、かっ飛んでどうこうってクルマでもないので妥協はできる。

 スタイリング
 2ボックスは嫌いじゃないが、最近の屋根が高くなきャクルマじゃない的なデザインはいま一つ。
 それに空力や衝突安全性の問題からか、左前の見切りが悪い。
 オプションのポールを立てればそれなりには改善されそうだが、みっともないことは確か。
 車幅はアルテとそれ程の差はないから、慣れれば何とかなるだろうと妥協は成立する。

 ハンドリング
 高速に乗って速度域が上がれば、それなりに重くなるのだろうが、市街地でもこの軽さは気になる。
 しかもEPSだからだろうけれど、手応え感が希薄。
 でもまぁそんなにシビアに見なければ、曲がりたい方向と角度と反応はOKなので、ここも妥協はできる。

 居住性
 このサイズのFF2ボックスのボディならアルテより広いし、ウィンドウが大きく背が高いこともあって解放感があるから、ここは悪くない。
 シートのホールド性はアレだが、大橋JCTで外側に持っていかれる位しか、このところ横Gのかかるシーンは無さそうなので、まあ妥協できるだろう。

 と、考えてくると、このままアルテで行くことに妥協するのも悪くない気がしたので、今回の話は無しに。
 C-HRは駐車場に入らないのは決定しているので、こいつを勧められることは、まず無いから、しばらくは悩まなくて済みそうではある。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月13日 (日)

アルテッツァ アンテナを交換

 アルテッツァで出かけた先で、ふとアンテナをみたら、なぜか銅色が見える。(- -?)

 よく見てみると…

Dsc_1534

 アンテナ表面を覆う硬質ゴムが裂けて割れてた(涙)

 恐らく最初に縦にひびが入って裂ける形で縦に割れた後、中央部で横に割れたものと思われる。
 直射日光を一番浴びる位置で紫外線による劣化の上に、風圧を受けてさらに先端部なので振動も加わるから、かなり過酷な状況だったと思う。
 多分加水分解のたぐいではなかろうか。

 幸運だったのは、横に割れたのがほぼ中央部だったので、中の芯の部分にかぶさった形ではずれにくかった事で、高速走行しても脱落しなかった事だろう。

 出先だったので、ビニールテープで根元から先端までグルグルとテープ幅の半分くらいが重なる様に巻いて応急処置をした。
Dsc_1592

 黒いテープを使ったので、よく見ないとテープでグルグル巻きになっている事は気づかない…筈。
 ラジオの感度はほとんど影響は無かったので問題ない。

 定期点検の時に新品を購入したけれど、こんな古い車であまり出ないであろうパーツの在庫があるとは思わなかったわ。

 さて、これでまたしばらく乗らないといけない理由ができたと。
 

 こんなもんまで扱ってるとは、アマゾン恐ろしい子!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月16日 (火)

最近見掛けた珍車 トヨタ・スープラ

 XXってネーミングが北米的にNGだったことで、「スープラ」と命名された先代から、名称を引き継いだ二代目。

 リアのエンブレムを信じるなら、2.5リッターのツインターボの最強モデル。
 直線基調のデザインは、妙にデカくなった感じになった三代目より好みではある。
 ただ、パワー競争の最中のモデルであっただけに、2.5リッターの排気量で280馬力が優先されたのはやりすぎだったように思う。

 スポーツカー復権とかで、またスープラって名称が復活するとか言われているが、果して?

画像はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 3日 (水)

MoterFan復活

 休刊後は別冊と称して「有料カタログ」のシリーズ名になってた「モーターファン」

 コンビニの雑誌売り場で、並べたばかりの創刊号を見つけたので購入。
 季刊かムックと思ったら、隔月刊だったので、第2号も引き続き購入。

1470178528396.jpg

 車雑誌を買ってた時はモーターマガジン派だったので、モーターファンはあまり読んでなかったが、作りは「確かにモーターファンだわ」と思わせる、伝統は踏み外して無かった。

 ただ、それだけに「総合自動車雑誌」ってジャンルの難しさに苦労してる感じを受ける。

 蘊蓄を騙るエンスウ系とか、ドレスアップ命!系とか、特定ジャンルに尖った方が客を想定出来る分作り方は楽に見える。

 今の時代、車の評価は燃費一択な中で、中道な雑誌作りがどこまで出来るか、見て行こうか。
 紙の質や製本も、価格を考えればかなり力が入っているし。
 問題はコンビニの雑誌ラックに置かれて、他のジャンルの雑誌の中で、どこまで存在感を発揮出来るかだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 5日 (日)

アルトターボRS

 ちょっと時間が経ったが、出張の帰りに最寄り駅まで送ってもらう事に。
 タクシーを使うしかない場所で流しがいるところでもないから、呼び出してから更に30分近く走るような場所なので、正直助かった。

 で、門のところで待っているとやって来たのが、アルトターボRS。
Styling1
<スズキのサイトから借用>

 スズキのターボエンジンのヤンチャさはカプチーノで知っているものの、流石に時代の流れから大人しくなってる事だろう…と思ったのは間違い。
 大人4人乗車でもターボのブーストが掛かるとガツン!と加速する。
 絶対的な加速はそれほどでも無いだろうが、加速感の演出は流石だと思う。

 実質的にノンクラッチMTなAGSだが、変速ショックはリアに座ってても判るくらいかなり大きい。
 オーナー曰く「変速時にスロットル操作するとショックは減る」らしいのだが、そのショックを減らすのにVWのDCTは苦労しているし、ポルシェは金掛けて対策している中、「ショックはあっても仕方ないっしょ。安いんだから。」
な、スズキの割り切りは流石は軽の王者。
 但し、スリープは無いので、普通のATとは感覚が違ってATしか乗らない人には乗りにくいらしい。

 エンジンや駆動系は良いとして、流石にフル乗車だと厳しかったのがサスとブレーキ。
 乗せてもらった道は割と新しい舗装が施されていたが、ちょっとした段差でガツン!と突き上げてくる。
 4人乗ってプリロードが掛かってストロークが減っているのがよく判る感じ。

 ブレーキもなまじ加速感が良い分、減速が甘い感じがしていた。
 もっとしっかり踏むと違うのかもしれないが。

 問題は4人も乗ったからってところだから、軽レベルでは問題ない。

 燃費は聞いたら、それなりらしい。 
 ま、ターボを楽しんで走ればそれなりだと想像はつく。

 二人乗車でそれほど長距離を乗らず、MT乗りの感覚があって、WORKSみたいな金のかかり方が無くてもいいって人にはお薦めかもしれない。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧