Amazon

2023年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

旅行・地域

2023年8月17日 (木)

海外で暮らす・戦うには


 サッカー日本代表で長年キャプテンを務めた吉田麻也が、MLSのロサンゼルス・ギャラクシーズに移籍したときの入団会見が話題になっている。


 現地で英語での挨拶をやって後に続く後輩たちにこんな感じでやればいいよとYouTubedeで公開したのだが、英語が苦手と言うか二度と関わりたくないと思っている身でさえ、「これは上手いわ」と感心する出来だった。

 プレミアで8年プレーした時に普段の生活から練習・試合まで英語漬けで実戦で身につけたんだろうなと想像する。

 他国のクラブにも移籍しているが、欧州のクラブは多国籍軍の様相を呈しており、英語が共用語となっているんでコミュニケーションには困らなかったはずだ。

 ドイツで長年プレーする長谷部はドイツ語が堪能だし、スペインで戦う久保くんも流暢にスペイン語を話すが、これはちょっと例外かもしれない。


 欧州に行かねばならないと考えている若いサッカー選手は語学力もおろそかにしてない。

 試合中に味方とコミュニケーションが取れなければプレーに影響するし、出場機会を逃す事にもなりかねず、まさに死活問題だからだ。

 ピッチの中まで通訳がついてきてくれる訳じゃないし。

 これは他の競技でも同様で、特に個人種目の選手だと移動から何から全部自分で手配して大会に出場なんてザラにある。

 チームを組んでなんてやれるのはトップクラスまで行った選手位だ。


 だが例外もあるらしい。

 MLBの某選手は通訳が常につきまとい、乱闘の時も一緒にくっついていくのだそうだ。

 俗に「焼き豚」と称されるたちの悪い野球ファンは「同僚とは英語で会話してる」と主張するが、それらしい動画はあっても音声はないという、判断に困る材料しかない。

 日本語が堪能な同僚かもしれない訳だし。


 で、上記の吉田麻也が某選手の所属球団のセレモニーに招かれて始球式をやったのだが、その際に現地マスコミに囲まれて取材を受けていたときに(彼の地ではサッカーがブームで取材者は吉田麻也をよく知っている)某選手はその場をただ通り過ぎたのだという。

 自分が呼んだ訳でないにしろ球団のゲストが眼の前にいるのに無視って立ち去るのって、目上の者には礼を尽くすのが常識らしい野球人としてどうよ?って話しもあるが、彼にはそんなことより大事な事があったのだろう。

 下手に挨拶した時に記者から質問を(当然英語だ)受けたら不味いっていう。

 吉田麻也が直で英語のやり取りしてる中に通訳呼んで話すのも絵的にどうか?ってなるし、間違っても吉田麻也に訳されるなんて状況が動画でアップされたら、今まで築いたイメージが崩れてしまう。

 吉田麻也も人がいいのでサクッと通訳に入る事をやりかねないし。

 どちらにしても彼は黙って足早に立ち去る以外の選択肢は無かったのだ。


 野球選手がみんなそうだとは言えないし、公式な場以外ではブロークンでも英語でコミュニケーション取ってる選手は多いだろう。


 現地語に堪能でなければ海外挑戦してはいけないとは言わないが、世界を相手に戦うのに、語学って武器は不要ではないのだ。




2022年12月29日 (木)

Log 2022/12/29 中華街

・買い出し

 頼まれたものがあって、久々に中華街。
Dsc_0625

 行動規制の無い年末らしく、とんでもない人出で驚いた。
 立ち食いの店なんか、行列が幾重にもなってるのを見て、それでも食べたいんか?と。

 目的の店がメインストリートから外れてる事もあって、移動しやすかったのは助かったが、完全に客層変わったよね。

・鎌倉殿の13人

 中華街から帰ってきたら高校サッカーやってたのでそれを見た後、NHKに移って総集編の後半を見る。

 やっぱり総集編じゃなくじっくり見たかったなってドラマだった。

・モンブラン

 モンブラン発祥の店モンブランが再開発に伴って閉店~移転ってニュースを聞いたので、中華街からの帰りに自由が丘で降りて立ち寄る。

 お客が入っているが、年末だからかどうかは判断つかず。

 いろんな店にあるケーキになったモンブランだが、ここのはちょっと違うよなと。

Dsc_0634

2022年12月22日 (木)

制限速度 120Km/h

 用事があって浦和から東北道に乗った時に、速度標識が2つ並んでるのに気づいた。

 左は「80」
 右は「120」

 いつの間にここが120km/h制限になったんだ?
 先月は東北道を使わなかったが、10月には無かった。

 ついにここも120km/h制限になったのかと。
 浦和料金所から佐野ICあたりまでは3車線な上にきついカーブが無いから、制限速度を上げても危険は少ないので問題はないけれど、100km/h以上出し慣れてない車が混ざったりして、走るのに気を使う様になった。

 トラックは80km/hで変わらないので、速度差が40km/hと大きくなったのもトラックが第二走行線に出てこようってしてるときに気を使う。
 向こうも気を使ってるだろうけど。

 第一走行線はトラックがほぼ専有状態になるので、第二走行線は120km/hで走りたい車と従来どおり100km/hで走ってる車の混在でカオス化してるのが事故に繋がりそうな気がするのだが。

 新東名は100km/hで走りたい車は東名を行くだろうから、棲み分けしていそうだけど。

 今まで以上に前の車の状況を見極めて、早めに第三走行線に入って追い越すことを心がけた方が安全そうだ。

 

2022年8月 1日 (月)

#Galaxy 5G #SCR01 を新幹線で使ってみたら?

 仕事に遊びにと持ち出す機会の多いSCR01。
 大抵の所で普通に使えるので、WiMAX+5Gの実力に感服してる。
 
 そんな状況で、名古屋まで出張が入ったので新幹線でどのくらい使えるかを試すことにした。
 WiMAX2のWX06は全くと言っていいほど使えなかったので、どのくらい良くなったかを確認するには丁度いいステージではある。
 
 何時ものように新横浜で乗り込み、タブレットとSCR01を取り出して電源を繋いで準備はOK。
 SCR01を試す前に新幹線車内Wi-Fiにも接続してみたが、やはり速度的に使えない。
 
 新横浜を出てすぐに山岳地帯というか山の間に入っていくが、ここはSCR01でも駄目。
 トンネルは当然として、トンネル抜けても山の中は電波は捕まらない。
 民家も結構あるのだけど、auはプラチナバンド使用地帯なんだろうか?
 
 伊豆半島の付け根を突っ切り、三島の前辺りからは普通に4Gが捕まるようになった。
 電源繋いでいるとハイパフォーマンスモードに固定の設定をしている為、5Gを探しに行って切れる事があるので、エコモードへの設定変更で4G専用にしたら安定して繋がる様になった。
 
 Webサイト閲覧やTwitter、Youtubeのあたりはまず問題なく使える。
 それならばと、DAZNを繋いでサッカーの試合を見たが、ほぼ問題なく見れた。
 たまに画質が荒れることはあったけど、視聴に耐えないほどじゃない。
 ただ、そこから名古屋までの所要時間がそれほどなかったので、前半45分見て終了。
 山岳地帯が使えれば、ハーフタイムすっ飛ばして1試合フルに見れたと思うが、流石にそこまでは。
 
 新幹線の移動中でも一部地域を除けば十分に使えたので、言うことはない。
 どこかに落ち着いて使うのが一番安定するのだろうけど。

Dsc_0447 

2022年3月27日 (日)

bay blue (EOS M) 52 桜を撮ってみた

 久々にEOS Mだけを持って桜を撮りに出かけてみた。
 桜は去年一昨年とコロナ禍で人混みに出るのを自粛してたので3年ぶり。
 とは言え、今の時期に桜の名所に行ったら人混みだろうから、近くの駅の桜並木を対象にさっと行ってさっと帰ってきた。

 今回はEOS Mに55-250mmを付けて22mmパンケーキと一緒に使ってみた。
 キットの18-55mmは桜並木を横から撮るような広がりを取るには良いが、街なかで桜だけを切り取って撮るには合わないので。
 久々にEOS Mに付けたけど、X7とは勝手が違うなと。
 AFが桜の花と曇り空が重なるとコントラストが似通ってるのをうまく判定できないようだ。
 55-250mmにはスイッチでAF-MFの切り替えができるのでMFにして対処。
 でもモニターが狭くてピントが合ってるかは判別しにくかったのは誤算。

 PSG7がお役御免になった分、EOS Mに変わりを努めてもらうつもりだが、果たして出番は増えるだろうか?

Img_4041 Img_4039 Img_4038 Img_4029 Img_4020 Img_4014

2021年10月 9日 (土)

リード90お散歩ツーリング スカイツリーまであと少し

 タイヤを変えて走りが変わったのが楽しくてしょうがない。
 今回も天気がいいので、昼過ぎから出発。
 緊急事態宣言も終わったので、大手を振って東京に入れるなとR246を東京に向かう。
 特にどこに行くアテはなかったが、目の前をシビックのType-Rが走ってたので、青山もホンダに行くことを決めた。
 以前にF1マシンを飾ってるってネットで見たし、日本GP中止でもなんかイベントはやってるんじゃないかと。
 
 渋谷までは以前も通ってたので変わった感は無いが、青山通りは変わったなとしみじみ思った。
 こんなところでゼロヨンやって遊んでた時があったなんて、もう知らない人のほうが多いだろう。
 
 以前と同じ様にホンダ本社の交差点でエンジンを止めて歩行者として横断歩道を渡って駐車スペースに向かう。
 入り口付近で担当者に声をかけられる。
 ショールームは今予約制になっていて、申し込んでないと入れないのだと。
 外の展示物は見ていいですよとは言われたが、そこまでして今のホンダ製品を見たい訳でないからパス。
 引き返すことも考えたが、せっかく青山まで来たのだし、三宅坂辺りまで行ってそこから先は考えようと。
 
 しかし、相変わらずこのあたりは車の流れがいい。
 良すぎて危ない気がしたので法定速度程度で走らせる。
 新タイヤはこの程度の速度と路面だと振動をうまく吸収してくれている様で、快適に走れる。
 サスが同じだから程度の差とは言え、サイドの作りとかも違うんだろうな。
 
 赤坂陸橋下を抜けて三宅坂あたりで、秋葉原に行くことを思いつく。
 思いついたんだけど、曲がり角間違えて行き過ぎたので、そのまま日本橋に行くことに。
 日本橋でターンして帰ればいいや‥とはならず、銀座に入り込んでそこで「永代橋」の文字を見て永代通りに進んでた。
 
 案内標識のお約束からすると結構掛かるのかな?と思ってたら、案外近くて驚く。
 ま、江戸時代は歩いて行き来してたようなところだし。
 永代橋を渡るとき、スカイツリーが見えたのでもう少し近くまで寄るかと、渡りきった後で左折し川沿いに走って再び川を渡るってスカイツリーに向かう。
 ここまで近ければ、いい目印になるかと思いきや、案外見えないものなのな。
 それだけに視界がひらけるたびにスカイツリーは大きさを増す。
 
 案内表示に押上の文字を見てそっちに進んでしばらく行くと、道の真ん中にスカイツリーが。
 ちょうど歩道橋があったので、歩道の脇にリードを停めて歩道橋を登る。
 邪魔のない状況でとりあえずスマホで一枚。
Dsc_0284
 持ってきていたパンケーキ付EOS Mでも撮る。
Img_3892
 このあたり、川沿いは結構被写体があるのだが、リード停めて歩き回る訳に行かないのが残念。
 今度は駐車場とかの情報を確認してから来てみよう。
 スカイツリーの根本である押上まで行くのも大変そうだったので今日はここまで。
Img_3895
 帰りは適当に上野から4号回って帰るかと走り出したところで、6号で日本橋抜けて1号出ればと方針変更。
 流石に日本橋周辺は混んでたのと銀座がホコ天やってたのが誤算。ちょっと抜けるのに手間取って新橋あたりで15号に入るミス。
 品川抜けて大森あたりで環七に曲がり、上馬交差点を避けるのに駒沢通りから駒沢公園通りを迂回してR246へ入って後はいつものごとく。
 スタートのキロ数は見てなかったが、大体80~85キロ前後を2.7h位で走る。
 東京横断して端の方まで行ったし、だいぶ一回の距離が出てきたな。
※同じ位置からのF-41AとEOS Mの撮り比べ。
 流石に安物スマホでは太刀打ちできないか。

2021年10月 3日 (日)

リード90お散歩ツーリング 等々力~武蔵小杉~ガス橋~くるりと環八

 台風一過で気持ちよく晴れた昼間。
 等々力陸上競技場まで買い物にリード90を走らせる。
 タマシコのチケットが取れなかったのと、マッチディプログラムの申し込みを忘れてたので現地まで買いにいってこようと。
 
 尻手黒川から中原街道に曲がって、小杉十字路過ぎたところで等々力緑地へ。
 普段停めてるバイク置き場に置いて、頼まれた本日発売のグッズ売り場に行くも、まだ開店前で待ち行列もない。
 久しぶりに天気のいい昼間に等々力に来たので、EX-H15片手に緑地内をぶらついて時間つぶし。
 Cimg4899
 いい加減歩き回って、頼まれモノを買ったものの、マッチディプログラムのブースはまだ開店していない。
 たぶん開場時間くらいまで開かないんだろうと当たりをつけて、武蔵小杉駅近くのアズネロに買いに行くことにした。
 
 リード90の駐車は、たまたま空いてたバイク置き場のボックスに入れてアズネロに。
 サクッとマッチディプログラムを買って、昼もだいぶ回ってたのでこのへんで昼食べて帰ろうとぶらつくと、サポートショップのラーメン屋「壱番地」があったので、この日限定の「たぬきラーメン」を頂き、リード90のところに戻って帰路に。
Cimg4920  
 まっすぐ来た道を戻るのも芸がないし距離もない。
 駅前の道を東に走って府中街道に入る。
 しばらく行ったところで、向河原のあたりで「ガス橋」の表示を見てそちらに向かう。
 ガス橋で多摩川を渡り、環八を左に折れてR246に向かう。
 
 タイヤも薄皮が剥けてきたから飛ばしてみたいところだが、環八の交通量が意外と多く、制限速度以下の流れに沿って走るが、この程度の速度だと快適に走るものの、乗ってる方はちょっと不満が溜まる。
 
 流れの悪い環八からR246に入ると、新二子橋あたりは速度は出せるのだが、白バイが張ってる事が多いので、制限速度+αに抑えて渡ると切り通しあたりから途端に流れが悪く‥。
 梶が谷あたりを抜けたところで車は多いが速度が上がったのでそれなりには快適に走って帰宅。
 
 走行距離は大体24~5キロあたりだった様に思う。

2021年9月 7日 (火)

リード90お散歩ツーリング 雨の合間に

 このところ天気がぐずついてたのと、ちょっとタイミングが合わなくて乗る機会が無かったリード90。

 流石に10日もエンジンかけないのっは不味いと、雨がやんで空が明るいのを見た上で出発。
 いつものごとくノープラン。

 久々のエンジン始動で排気煙がすごいことになってるので、渋滞は避けたいなとそこそこ流れてた尻手黒川を北上することにした。
 途中で右折し、生田を抜けて後はどうするか。
 世田谷通り(ってこのあたりじゃ言わない)を右折して三軒茶屋方面に向かうことにした。
 道が混んでたら府中街道で折れて溝の口あたりでR246曲がってもいいし。

 車は多いがそれほど混んでなく走りやすいので、府中街道を過ぎ多摩川で折れることもなく東京に侵入。
 狛江のあたりは多摩川で遊ぶって人間があまりいないのか、道は混んでなくそれなりのペースで進めるのは嬉しい誤算。

 狛江から世田谷に入る辺りでちょっと詰まったが、路線バスをパスしてからはペースが戻る。
 環八で右折して帰ろうか?とも思ったが、時間が早かったのと雲行きが怪しくないのでもう少し行くことに。

 世田谷通りは東京に住んでた頃は結構よく使った道だが、久しぶりに走ったら様相はだいぶ変わってた。
 環七で折れると上馬交差点で引っかかるので、手前の駒沢公園通りで右に折れるつもりが、道沿いの景色が変わっててどこだか解らず、結局環七まで来てしまうことに。
 仕方なく上馬交差点を右折したが、ここの右折待ちはどうにかならんのだろうか?

 R246に入ると、上りは混んでいるものの、下りは結構空いてたので、わりといいペースで新二子橋を渡る。
 スピードの出ないリード90だとあの橋は結構しんどいのだけど、車を気にしないで走れたのは良かった。

 そんな感じで1.5H約30キロのお散歩は終了。
 オイル警告灯がちょっとしたことで点滅するようになったのが気がかり。
 予想以上にオイル消費が早いようだ。
 今のところは大丈夫だけど、もうちょっとしたら点灯するんだろうな。
 あの煙の量を思うと消費量は妥当かもしれないが。

 

2021年8月11日 (水)

五輪が終わった

 いつもの流れなら「愛国者週間終わる」になるのだが、自国開催の五輪で直前まで大揺れしたのを見るとな。
 五輪絶対やらせないぞ派の言い分は、頭痛どころか笑いを誘うものに変わっていったのは面白かったけどね。
 
 今回の五輪は異例尽くめの大会となったが、イベントとしては概ね成功と言っていいだろう。
 無観客で感染拡大の可能性も潰したし、バブルで選手を囲った事で選手村が一大クラスター源となることも概ね阻止できた。
 会場の外の感染拡大は五輪の及ぶところではないし、ふらふら出歩いてる奴らにまで五輪の型に嵌める事もできない。
 
 今回の五輪、休みも多かったから結構見れたけど、時差の関係で夜中のLIVEが無いのは意外と不便だなと思った。
 いくら在宅勤務でも昼間の競技を見てるわけにはいかないし。
 そんな中で便利だったのが配信。
 最初の自転車ロードレースは配信をタブレットで見ながらテレビで他の競技見てたし、後から見逃し配信で見れた競技も多い。
 国際向け配信を国内でも見れるようにしたのか、英語実況か実況なしの選択だが、この英語の実況(女性のものもあり)が落ち着いていていい(言ってることが解るとは言ってない)
 一部の実況アナの絶叫や小ネタエピソード披露に辟易してた中で新鮮。
 スポーツ実況は男子アナの唯一の目標らしいが、絶叫しまくるのが実況だと勘違いするのは引き継がれてきた地上波の伝統なんだろうな。
 有料放送や配信に出てくるアナはこの辺のテンションの使い分けが上手いし、放送対象に対しての調査してきたデータ量がまるで違う。
 試合に関係ない小ネタ披露やバカの一つ覚えフレーズ連呼も無いしね。
 スポーツ実況にも落ち着いた女子アナに切り替えるって英断を下すテレビ局があってほしいところ。
 
 競技としてはいつものおなじみ競技以外に、五輪でしか見れない競技も楽しめた。
 五輪でしか見れないマイナー競技はつまらないとかのたまわったコメンテータ?がいたが、そういうのはスポーツ全般に興味がないのだろう。
 知らない競技を知るワクワク感を知らずに齢を重ねるのも寂しい人生だ。
 
 今回楽しく見れたのはやはりエクストリーム系競技だろう。
 スケートボードにBMX、サーフィンと行った採点競技は技の難易度や意味が解らないと難しいものだが、解説者にその世界のいわば身内の人間を当てたのはナイスな判断。
 逆に従来競技の解説はどうかと思う。
 上から目線で失敗の指摘が目立つし、何よりその競技の楽しさが伝わってこない。
 久々のソフトや毎度おなじみ柔道もそうだし。
 サッカーも森岡さんは実況に足引っ張られてたのが不運だったが、DAZNの実況だったらよかっただろうに。
 
 次はパリ。
 どんな大会になるのだろうか。
 競技をパリと言う一大観光都市に引っ張り出して行うと言うから、ユニークな大会になりそうだ。
 

2021年7月 4日 (日)

リード90でお散歩ツーリング 大黒ふ頭へ

先週の日曜日。
 天気予報によれば雨のはずがそこそこいい感じだったので、リードで出かける。
 PowerShotG7故障で持ち歩けなくなったので、EX-H15をバッグに入れて出発。
 
 新横浜ICあたりで適当にターンして帰るつもりだったが、新横浜駅あたりまで行ってみた。
 そこから中原街道経由で帰ろうかと思ったが、環状2号に入って鶴見あたりまで行こうと方針変更。
 
 しばらく走っていると、行き先表示に第二京浜の文字が見えたので、そこで右折してちょっと行ったら帰るかと第二京浜をしばらく行ったら大黒の文字が見えたので、大黒PAも全然行ってないことを思い出して、ルート変更。
 大黒ふ頭に向けてしばらく走っていくと、だんだん人気のない状態に。
 川崎埠頭に行ったときも変わらなかったので、埠頭に向かう道は共通項があるのかもしれない。
 
 大黒大橋を渡ると、ちょうど一番高くなった中央から横浜の町並みを見る。
 あっちまで行ってもよかったかなぁと思ったが、休日の人出が多いのを思ってまた今度行くことにする。
 
 埠頭に入るもベイブリッジの橋脚あたりに行くルートが良くわからない。
 下手に走り回って一般車進入禁止エリアに入るのもまずいよなと思っていたところで、車捕まえてた白バイが居る。
 やばいじゃんとこの先走っていいか青切符処理してるところに聞いて、快く?OK貰ったので40Km/h程度で先に進んで左カーブ曲がったら、ゲートで閉鎖されてた。
 そりゃOKって言うわな。
 
 来た道を引き返し、そこに入り込む交差点を逆に曲がっていって無事橋の支柱に到着。
 なにもない。
 ベイブリに登って行く展望台があったのだが、そこへの入り口は閉鎖されている。
 商売にならないから閉鎖したのか、コロナ対策なのかは張り紙もないので不明。
 多分商売やめたんじゃなかろうか。
Cimg4877  
 道端には何台かバイクが停まってはいたものの、なにか出来るようなところもないしと、橋脚を下から撮るのと対岸の横浜市街を望遠にして撮っておしまい。
 白バイが走り回っているようなところでぐるぐる走っても仕方がないので、そのまま帰途に。
 Cimg4876
Cimg4879
Cimg4881
 帰りは第二京浜に出て川崎駅のところで武蔵小杉方面に左折。
 溝の口へと走ったがちょっとルートを間違え、409号線を走ってしまい溝の口駅周辺の狭くて混んだところに入り込んで抜けるのに苦労したのは誤算。
 
 帰って大体70キロ程の行程。
 お散歩ツーリングもだんだん距離が伸びてきた。
 
 

より以前の記事一覧